goo

ニャン太先生と愉快な仲間たち


7月24日はニャン太先生の天寿を全うした日

当時この様子を見たら弟1号は卒倒したかもしれません。
この写真を見るのは、きっと初めてでしょう。お~ほっほほほ。

も~時効だよね!? σ(^_^;)

ニャン太先生の親友・リアル眉毛のモグ

モグの飼い主は弟2号。
油性マジックで描いたので、しこたま叱られました σ(^_^;)

ニャン太先生の天敵・キジトラのチビちゃん

な~んか相性が悪くって、顔を合わせると取っ組み合いでした。

気難しいニャン太先生が、唯一心許した三毛猫ミ~ちゃん

ニャン太先生は、このミ~ちゃんとチャピ(親子)を
すんなり受け入れ家猫にしたんです。
まるで、昔からの知り合いのような雰囲気でした。

ニャン太先生をもらってきたのは弟1号。
彼の証言によると、ニャン太先生のお母さんは三毛猫だったとか。
そんなこと関係あるのでしょうか?
( ̄▽ ̄;)ゞ

オマケと言っては、アレですが(笑)

母上が開いてた華道教室の生徒さんの飼い犬くん。
お稽古についてきた時の写真です。シベリアンハスキーの子犬です。

動物好きなら一度は読んだことのある「動物のお医者さん」の
チョビにソックリでしたね~。


迫力あるお顔なのに。彼、ニャン太のこと怖がってましたっけ(笑)

みんな、虹の橋の向こうで仲良くしてるよね~♪
(=^_^=)

今月はニャン太先生の想い出話をしたかったのに…
写真をたくさん選んだし、スキャンするはずだったのに…
スキャナが調子悪いんです~(T_T)
ぎうぎうで、直せないんです~(/_;)
今日の写真は、調子が悪くなる前にスキャンしてた6枚でした。


家具工房 飛鷲」グッズフェア参加のお知らせは
(っ_ _)っ→コチラです


…………………………… 参加ランキングサイトです ……………………………
人気blogランキング    にほんブログ村猫ブログ
 
さくらのにゃんこを応援してねヽ(^。^)ノ

さくらのにゃんこの壁紙&ケータイ待受の一覧はココをクリック!!
 
……………… 壁紙133枚&待受13枚をアップちう~ヽ(^。^)ノ ………………


コメント(6)|Trackback(0)

ニャン太先生


4年前の7月に亡くなった
さくらのにゃんこの初代猫・ニャン太(享年24歳)
そのせいか、7月になるとやけに思い出してしまいます。

この写真は、KONさんがデータにして送ってくださったもの。
何年前の写真だっけ?記憶が薄れてるわ~
( ̄▽ ̄;)ゞ
当時はデジカメの「デ」の字もない時代。
写真は全部フィルムです。

弟2号が飼っていたワンちゃん。

母上が飼っていた「竜花」というアイヌ犬の孫です。

生まれた時から、犬が傍にいるのが普通の生活だった母上を

ノックアウトしたのがニャン太でした。

以来、猫ひとすじでございます。

猫を飼うのが初めてなのと

一人っ子だったせいで、かなりの暴君に

現在のさくらで、ニャン太と面識のある猫はチャピだけになりました。

今月は、時々想い出話をさせてくださいませ。
( -ω-) _旦""


…………………………… 参加ランキングサイトです ……………………………
人気blogランキング    にほんブログ村猫ブログ
 
さくらのにゃんこを応援してねヽ(^。^)ノ

さくらのにゃんこの壁紙&ケータイ待受の一覧はココをクリック!!
 
……………… 壁紙133枚&待受13枚をアップちう~ヽ(^。^)ノ ………………


コメント(8)|Trackback(0)

在りし日の先輩にゃんこ2


三毛猫のみぃちゃんです。
14年ほど前、勝手口をノックして訪ねてきた猫さんです。
戸を開けたら足元に「みぃ!」と鳴く猫、
しゃがんだらすかさず膝にお乗りあそばしたお嬢様です。
当時、家にはにゃん太がひとりいたので、家にあげられないと考えていて…でも、
可哀想で軒下に分厚い段ボールで家を作ってあげました。
そこで寝起きし、食事し、遊んで…そしてなんと、子猫を生みました、ビックリ!

典型的なジャパニーズボブテールでした。可愛かったです。


実は、チャピのお母様
分厚い段ボールの家でお生まれになったチャピ(左)です。


こんなに大きくなってからも面倒をみる母猫っているんですね~。
そして息子も甘えている。
チャピがモナカやアズキの面倒をよく見るのは
このお母様に育てられたからかもしれません。
優しい優しい猫さんでした。

にゃん太は好き嫌いがはっきりしていて、
この親子もダメかも…と思ったのですが、
もう全く!全然ノープロブレムで家にあげる許可(?)をいただき、
家猫になりました。

5年前、突然体調を崩し病院へ。
さくらに来る前のケガか病気が原因とも考えられると言うことでした。
病院に行った時にはもう手術できる体力もなく、
あっけなく逝ってしまいました。
もしかしたら高齢になっていたのかもしれません。
家にあげたときは、病気やノミの検査だけではなく
レントゲンなども撮ってもらえば良かったと後悔しました。

みぃちゃん、息子はちゃんとチビっこのお世話をしているぞぉ!!


ランキングに参加中です。
クリックして、優しいチャピ&10ニャンズに一票を!


コメント(4)|Trackback(0)

在りし日の先輩にゃんこ


うちに来た 猫さん第一号「にゃん太君」です。
もう25年前のことになります。
さくらのにゃんこたちの原点とも言うべき大先輩猫さんです。

母上は生まれた時からそばに犬がいました。
(特に犬好きという訳ではありません)
そんな家にもらわれてきました。もらってきたのは弟1号。
はじめてのにゃんこに家族中右往左往でした ^^

可愛かったです。


飼い方も手探り状態でした。去勢後から太らせてしまいました。


まぁそれでもいつも元気いっぱい。
リードをつけて散歩をした猫は多分にゃん太が
日本で初めてだったと勝手に思ってます。


男の子にありがちな尿道結石を患い入院したときも、
先生を怖がらせるほどの迫力の持ち主でした。
現在のかかりつけの動物病院ではなかったので、
その先生が嫌いだったのかも ^^;

そのにゃん太君も去年24歳で逝ってしまいました。
大往生でした。
亡くなる前の年、
仙台市の獣医師協会から「長生き猫」で表彰されました。
一番の長生き猫さんでした。



ランキングに参加中です。
クリックして、にゃん太の後輩しんのすけ&10ニャンズに一票を!


コメント(4)|Trackback(0)