A.N.A.L. Co., Ltd. Executive Office of the President

“ 嵐が吹き消した 恵みのろうそくを 再び取り上げ、それに新しい明かりを灯さなければならぬ。” 教皇ヨハネ二十三世

file.no-100 『KINGDOM HEARTS Ⅱ』 parte3

2011-01-04 18:58:24 | et cetera
 
腐った世界への『 扉 』を少しだけ…開いてみます。

余計な話ですが、ヲタな同人界で、ゲーム・アニメ・映画の同人誌は制限なく創られますが、「KH」だけは制限があります。 というか、甘くみないほうが良い制約が。

ディズニーキャラが登場するせいで、著作権問題が厳格になるからです。
まさしく「著作剣」…このネタが分からなければ、KH作中のネズミーの王様のキーブレードを思い出してください。
同人界の扉を、キーロック☆

基本的に、同人は、年齢制限R-18のものが多く、ゲーム・アニメ制作サイドからは、自分たちのキャラがR-18的な意味で大活躍するのはアレですが、そのおかげでオリジナルもまた売れ行きが良くなるわけで…複雑な気持ちらしいです。
…そして、KHもまた、同じこと。
ただし、同じR-18でも、こちらはリク×ソラや、アクセル×ロクサス…が、大活躍。

そう、過分にBLである。 青春テーマのものも、あるにはあるが…主流はBL。
ネズミーの著作剣を畏れ、大々的に動いてはいない。
カップリング表記も、陸×空、悪×六 とされる始末…最初は、なにかの暗号かと思ったぐらい。
そう、初期の頃は、「王国心」とかいうジャンル表記で、最初はいつもの中国パクリかなにかと思った事もございました。
それが、ようやっと「キングダムハーツ」と表示できるようになったのですから…時代も変わったものです。

 ***

しかし、基本的には…ネズミーキャラは、この手の同人誌には出てこない。
なぜって…BLだから。
陸空がアアダコウダするのに、アヒルやドッグが参加するわけがない。
参加すれば、それは、ただの獣姦になっちゃうから。

ネズミーキャラをどうこうするわけではなくても、任天堂法務部レヴェルに、怖ろしいのがネズミーですからねぇ…。
旧約の神の如く、苛烈な罰を下すのでしょう。

以前ほど、弾圧されていなくても…以前は、原稿印刷すら断られていたと聞きます…生き延びて、今なおKH同人誌を発行する人々は、ある意味でユダヤ人並にたくましいというか、なんというか。
まぁ、私もKHの同人誌を複数冊持っているわけですから、しょせんはヲタ。
蛇の道は、ヘヴィというべきか。


>以下、追記。

上記で、王国わーるどぅでは、アヒル魔導師たちは出てこないよ~ とする旨書いてます。
 「陸空がアアダコウダするのに、アヒルやドッグが参加するわけがない。
 参加すれば、それは、ただの獣姦になっちゃうから。」


…と。
しかし、それは誤りでした。 出てました。
えぇと…うん、それなりに異種格闘技戦の経験を積んできたと思ってましたが、すいません、驕りでした。
アヒルの性器について、アラサーになって、まさか勉強させられるとは…。 ドッグについては、以前経験があったのですが。 同人の闇は、深いですねぇ…。

「世界は 広かった。」
胸の中に光はなく、闇があったみたい―― って違うか。
このネタが分かるくらいに王国が好きな方、いっしょに逝きましょう―― おいすぅいプリンを食べに。

( 2011/02/11 一部修正
 2011/04/03 追記    )
  
ジャンル:
その他
Comment   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« file.no-100 『KINGDOM HEART... | TOP | file.no-100+α 『KINGDOM HE... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | et cetera

Similar Entries

Trackback

Trackback  Ping-URL
任天堂の復活劇 (三流ブロガー日記)
日本が誇るゲームメーカーといえば任天…