朝は来る 恋愛詩の章

恋愛詩です。
詩人のかた、詩に共感してくださったかた、コメントください!
夢は、詩集を出すことです!

小さな勇気

2016年12月07日 | 
-

こんなに人がいるのに

同じ分だけ孤独が溢れてる


孤独から抜け出すには


誰かを待つのでなく

小さな一歩を踏み出す

勇気を出すだけ


決して

アナタは一人じゃない

ボクもいるよ

-
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鈍いのは罪ですか | トップ | キミの所為(せい) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
孤独をのりこえて (あやか)
2016-12-07 21:35:18
★「究極的には、人は孤独だ」と言う人もいます。
☆でも、私は、けっして人は孤独じゃあない、とー思いますね。
貴方がいる、そして、私がいるからです。ーーーーおっしゃるとおりです。
あやかさん (asawakuru)
2016-12-07 23:02:04
貴方がいる、そして、私がいるからですよね。人は支え合いながら生きていくのだから。世の中孤独のなかで苦しんでいる人が多いと感じたのでこの詩を書きました。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。