朝は来る 恋愛詩の章

恋愛詩です。
詩人のかた、詩に共感してくださったかた、コメントください!
夢は、詩集を出すことです!

本当の幸せ

2016年11月05日 | 
-


愛したい人に

愛させてもらえること


愛されたい人に

愛されること


-
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈り | トップ | ボクはここにいるよ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (aozora)
2016-11-05 17:01:41
>愛させてもらえる
愛してはいけない人でも好きになってしまう時は・・
あ、そういうことか・・
愛し愛される幸せ。
aozoraさん (asawakuru/odysjp)
2016-11-05 17:56:50
この詩は人により取り方が色々有ります。
愛し合っていたのに相手の気持ちが離れてしまったとか。
あとは片想いとか。
愛は一人では成立せず、相手があって初めて成立します。
だから愛し愛される相思相愛の状態の時に感じる幸福感を越えるものはあるのかと私は思います。
わかります (あやか)
2016-11-06 10:15:14
かなり、「ふくみ」の多い詩ですけど、おっしゃってる事、よくわかります。
全くの片想いで、「本当にあの人を愛していいのかしら?愛を告白してもいいのかしら?」と、
悩んでいたところ、相手の方も、実は私のことを愛しておられたことが、わかったとすれば、
泣きたいほど幸せな思いをするに違いありません。
愛情の機微やデリカシーというものを、作詩者のかたは本当によくおわかりだと思いました。
Re:わかります (odysjp2/asawakuru)
2016-11-06 14:39:39
まず自分の想いを受け入れてほしいと思いますよね。愛されるのはそのあとかと。
こんな詩を書いてますが、女性のココロの機微に鈍感のようです。昔から女心を分かってないよねって怒られてましたし、、

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。