日本で最初の夜間動物救急「F&S動物救急(塩田動物病院)」

2017-02-09 10:57:26 | 日記

「塩田眞」と言えば、ペット業界に詳しい人なら聞いたことがあるかもしれない。
塩田動物病院の院長だ。
http://shiotadoubutu.com/

ただ、彼を語る上で外せないもう1つの顔。
「夜間動物救急の生みの親」であるということ。
その動物救急がこちら
F&S動物救急

http://help-life.info/


先日のNHKプロフェッショナルでも紹介されていました。


なんでも、バブル期のころペットブームで
診療時間内では対応しきればいペットがあふれていいた、とのこと。

「人間には夜間救急があるのに、動物にないのは、命としてフェアじゃない」
と、日本で初めて動物専門の夜間救急を立ち上げたのだそう。

それが今や全国に存在するモデルケースになったようだ。


埼玉県川越にある「川越救急クリニック」は
近年、問題となっている救急車の「たらい回し」を防ぎたい一心で
「絶対断らない病院」として有名ですね

 

何かを作る、何かを始める、という時
すぐに「市場調査だ!」て人がいますが、それはたぶん逆。

最初に作るとき、最初に始めるときには
「意志」や「哲学」がまずあって、そのあと、
リサーチなり市場調査なりをして、求められているかそうじゃないかの審判が下るんだと思います。

「スマホのない時代に、スマホが欲しいなんていう市場調査がどこにあったんだ!」
っていう名言を起こした人がいましたが(←すいません。誰が言ったか忘れました)
その通りかもしれないですね。

何かを始めようとしているけど迷っている人がいたら
是非、こう言ってあげてみてください、

「そこに哲学はあるのかい?」

なんつて。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 考える力を刺激する『不思議... | トップ | 「折り紙・折り鶴」のフリー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。