goo

ミュージカル ラ・マンチャの男

2008ミュージカルラ・マンチャの男
ソウル公演

2008.8.12~9.23 LG Art Center

http://www.lamancha.co.kr
http://town.cyworld.com/odmusical

問い合わせ:jihye@odmusical.com


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

ありがとうございました。

日本のファンの皆様

この度は、ODミュージカルカンパニー主催
「ラ・マンチャの男」日本公演に多くのご声援を頂き、
まことにありがとうございました。

去年「ジキル&ハイド」の来日公演に続き、2度目の日本公演ですが、
無事に公演を終わらせて、俳優・スタッフ一同韓国に帰りました。

ODミュージカル・カンパニーは今後も引き続き、
韓国だけではなく、日本・それからアジアで
より良い公演を披露していきたいと思っております。
今後もよろしくお願いいたします。

来年、また日本で皆様に会えることを楽しみにしています。

このブログでは今後もODミュージカルカンパニー製作の作品の情報を
どんどんアップしていきたいと思っておりますので、
何卒よろしくお願いいたします。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

SYNOPSIS


SYNOPSIS

スペイン・ある牢獄
教会を冒涜した罪で投獄されたセルバンテスは囚人たちと共に監獄の中で即興劇をする

ラマンチャに住んでいる アロソン・キハーノは騎士の本を読みすぎ、 あげくに自分が「ドン・キホーテ」という騎士だと思い込み、従僕のサンチョと冒険に旅立つ。ただの風車を巨人マタゴーヘルだと考え戦おうとしたり、宿屋を
城だといいながらそこで働いているアルドンサに美しきドルシネアと呼び跪いたり、 宿屋の亭主を城の主だと勘違い、騎士の癪を授与してもらったり、常識はずれの行動をつづける。
他の人々と同様にアルドンサもドン・キホーテを狂った老人だと無視していたが、いつの間に彼の真剣さに感化され少しずつ心を開きはじめ、生まれて始めて自分も人間らしく生きていけるという希望を持つようになるが、ラバ追いたちにおそわれてしまう。翌日ドンキホーテはボロ布のようになった彼女を見つけるが、絶望に落ちたアルドンサは「自分は彼の思う姫でもなくただの汚らしく下品な女」と号泣する。衝撃を受けたドンキホーテの前に鏡の騎士が現れ、決闘を申し込む。鏡の中に写った自分の姿を発見したアロンソは自分が騎士のドンキホーテではなく、みすぼらしい老人だということに気づき倒れてしまう、が…
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

公演紹介


■ミュージカル紹介

2006年韓流ミュージカル「ジキル&ハイド」の日本公演の成功を果たしたODミュージカル・カンパニーの代表作品で次期日本公演作品
2007年8月3日~9月2日ソウル・LGアートセンターで公演予定
俳優チョ・スンウの参加で今韓国のミュージカルの中で最も注目を集めている作品
ミュージカル「ジキル&ハイド」映画「マラソン」「トカゲの可愛い嘘」「タチャ」の主役であり、韓国を代表するトップスターチョ・スンウ主演の作品

<作品紹介>
世界中の人に愛されている作家セルバンテスの名作「ドン・キホーテ」が原作
ブロードウェイ初演の際、観客に高評され35年間5回も再公演された最高の作品
世界で最も有名な音楽 “The Impossible Dream” アメリカ・ドイツ・オランダなど世界18カ国で音盤発売
人生の夢と真実を描いた真剣な主題と華麗で雄大な舞台美術
人生で一度は会うべき作品 – ミュージカル・ラマンチャの男

1966年トニー賞 7部門ノミネート・5部門受賞! 
最優秀ミュージカル賞・作曲/詩賞・主演男優賞・舞台デザイン賞・演出賞受賞 
(衣装賞・振付賞ノミネート)
2003年 トニー賞3部門( 最優秀再公演賞・主演男優賞・主演女優賞)ノミネート
2005年韓国初演!当時のマスコミからの絶賛!

<Review>
ドン・キホーテ、その変化無双を楽しめ! 2003/06/30 朝鮮日報
厳しい現実を忘れてドン・キホーテのように「勝てなくても戦っていく」という意志を固めさせること。これがこの作品のメッセージであり、魅力である 2005/08/15 韓経ビジネス
ミュージカル「ラマンチャの男」は我々に忘れた夢の記憶を返してくれる覚醒剤のような作品である。 2005/08/13 ソウル新聞
あなたは夢見ていますか。そうでしたら、あなたは「ドン・キホーテ」ほど幸せな人です。 2005/08/06 中央日報
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ