一、護国者として~書を捨てず、街へ出よう~

我が祖国・日本を「普通の国」にするために、出来る事をする。その一環として書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

潜入!外国人会議

2010年09月29日 | イベント、活動、勉強会など

去る26日は、様々な場所で様々な活動がありました。靖国会館では村田
春樹さんが講演を行い、新宿では日護会が創価学会への課税を求める
デモを行い、渋谷では主権回復を目指す会&政経調査会が尖閣諸島に
おける一件で抗議の声を挙げました。
無論、我々、神奈川一派もなすべき事がありました。それは、川崎市国際
交流センター(以下、センター)で行われる川崎市外国人市民代表者会議
(以下、外国人会議)の偵察です。幸い(というか最低限の事ですが)会議の
傍聴は可能なので、「彼を知り己を知れば百戦して危うからず」の教えに
従ったわけです。

センターはホテルが併設されているのですが、建っているのが住宅街の
ド真ん中。路線バスすらロクに走っていないような地域です。立地条件が
命の宿泊施設なのに、こんなところに誰が泊まりに来るというのでしょう。
そういえば、川崎市は未だに同和事業をやっているようなところでした…。


見事なまでのハコモノに掲げられた看板


閑話休題。この外国人会議、何がおかしいかといいますと

①外国人が市政にタッチできる
②外国人会議での提言は、議会ではなく 直接、市長にあげられる
   (このようなシステムは日本人市民には用意されていない)

③代表者の数は国籍別の人口によって振り分けられるが、現在の
   川崎市では支那人10,000人、朝鮮人9,500人。3位はフィリピン人で
   4,000人弱。全外国人人口の2/3を支那人と朝鮮人で占めている。

④しかも、この内政干渉推進制度を議会が作っている(条例25号)


など枚挙に暇がないほどです。

さて、会議の内容ですが、前半と後半に分かれており、前半は12月に開催
するオープン会議の確認、10月下旬に行われる多文化フェスタ&かわさき
市民祭りの内容確認、それと広報紙の発行に際しての確認でした。
感想ですが、一言茶番。あれは会議というより申し送り。たかが申し
送りのためにあんな派手派手しいレセプションルームを借りた…というか
市が税金を使って奴らに提供しているわけです。たまに質問が出たかと
思えば「チラシの紙は何色になりますか」とか「当日の会場の広さは」とか、
今どき小学校の代表委員会でも出ないようなくっだらないもの。いかにも
誰か…言葉を飾っても仕方ないですね、役人が書きそうなシナリオです。

この後、街宣があるので退席しましたが、むしろ本番はここからです。
キーボードを叩くだけでムカムカして吐きそうになるのですが、後半は社会
生活部会と教育文化部会に分かれます。社会生活部会では時間が掛かる
テーマと掛からないテーマとに分けられ、前者では

・絡んで外国人市民の声を取り上げるシステムの構築
・医療、病気の予防の情報
・国際結婚の際の氏
・社会参加、地方参政権

が、後者では

・出入国管理
・行政の土日窓口
・図書館に外国語の本を増やす
・留学生支援
・住宅支援

などが議題でした。また、教育文化部会では

・これまでの提言に関する施策の実施状況
・保護者の支援(多文化理解教育、いじめを含む)
・情報について
・保育園について
・大人のための日本語支援について
・子どもの学ぶ権利について

が議論された模様です。特にムカついたのが出入国管理についてでして、
レジュメを見た瞬間に「貴様らがどうこう言える
立場か!」
とマジで突っかかりたくなりました。周囲には公安も
いたので歯がみしながら我慢しましたが。実際に会議を傍聴していたら、
このタイミングでエントリーをアップできなかったかもしれません(笑)。

場所を移して武蔵小杉駅前での街宣では、3団体合同(クリーンかわさき
連絡会、健全な国民社会を実現する運動、日本の自存自衛を取り戻す会)
という事で、クリーンかわさき連絡会は外国人会議を基に外国人による
侵食の危機を、健全な国民社会を実現する運動は外国人への生活保護
問題を、日本の自存自衛を取り戻す会は拉致問題に関して、それぞれ熱く
語りました。生憎の天気で決して人通りが多いとは言えませんでしたが、
我々の訴えに耳を傾けて下さる方もいました。


熱弁を振るう中村かなつい氏(健全な国民社会を実現する運動)。
右隣は大井町議・金子吉晴氏(日本の自存自衛を取り戻す会)


この外国人会議については、いずれ必ず白手袋を投げつけます。12月の
オープン会議では傍聴人も発言できるので、まずはその場での宣戦布告が
直近の目標となるでしょう。

末筆になりましたが、肝心な社会生活部会と教育文化部会の会議の模様を
お届け出来
ず申し訳ありません。次回の会議には出来るだけ都合をつけて
出席し、内容を皆様にお届けできればと思います。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川崎市の現況 | トップ | 絶望した一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。