一、護国者として~書を捨てず、街へ出よう~

我が祖国・日本を「普通の国」にするために、出来る事をする。その一環として書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

川崎市の現況

2010年09月23日 | カオスの街・川崎

  傍聴&街宣のお知らせ

川崎市外国人市民代表者会議(以下、外国人会議)
をご存知でしょうか。
平たくいえば、川崎市在住外国人による議会です。恐るべき事に
外国人会議で議決された提言は直接、市長に提出されます。無論、
日本人の市民には出来ません。
この、問題点が多い外国人会議を市民に周知する街宣を行います。
今回は挨拶がわりという事で、抗議より周知に重心を置いた街宣を
行う予定です。ご多忙の事とは存じますが、どうぞご参加下さい。


日時:平成22年9月26日(日)13:00~
場所:
川崎市国際交流センター前(当日、ここで会議が行われます)
主催:クリーンかわさき連絡会


スケジュール

13:00  集合。外国人会議についての説明を代表から。
14:00  会議開始と同時に傍聴。
15:00  退席&武蔵小杉駅に移動(会議は17:00まで)。
15:30  武蔵小杉駅北口にて街宣。
16:30  終了

なお、当日の街宣は撮影が入る可能性があります。映像に入るのが
困る方はサングラスや帽子などを各自でご用意ください。




東急東横線・東急目黒線「元住吉駅」下車 徒歩 10 分12 分
東急東横線・東急目黒線・JR南武線「武蔵小杉駅」下車 徒歩 20分~25分




22日、ある市議と会って川崎市の現況確認と依頼を行いましたので、
その報告をいたします。

1.外国人参政権について

前回の本議会において民主党と自民党が外国人参政権に対して慎重な
審議を求める意見書を提出した事は既報の通りです。以来、今議会において
成立させるべく民主党と擦り合わせを継続中ですが、
6月4日に発表された
政府答弁
を(5月27日、質問提出。山谷えり子・参院議員)受けて民主党・
川崎市議会派も意見書の成立に向けて加速を進めているようです。
順調にいけば、今本会議(10月6日)にて可決できそうです。

2.「日本軍『慰安婦』問題について国の誠実な対応を求めるため、川崎
市議会で意見書の提出を求めることに関する請願」について

筆者も調べるのをすっかり失念していたのですが、8月25日に審議され、
継続審議(事実上の否決)となりました。委員長(井口真美。共産党)は
何とか成立させようとしたみたいですが、見事に失敗しました。
まだ新しい議事という事で議事録は公表されていませんが、公表されたら
皆様にもご紹介したいと思います。

3.朝鮮学校への補助金について

今すぐ拠出停止というわけにはいかないけど、石原都知事と松沢県知事が
朝鮮学校への補助金に対して懐疑的な発言をしており、全ては今後の
動向次第だという事です。ただ、拠出はもちろん増額を要請する議員が
どの党にもいる一方で増額する事はない、という話でした。

4.提案

9月21日に、那覇市議会が「尖閣諸島海域における中国漁船領海侵犯に
関する」抗議決議ならびに意見書を可決しました。この問題は、沖縄県の
問題に留まるものではなく日本全体にかかる問題であります。しかも、
川崎と沖縄は縁が強く、より強固な友誼を結ぶためにも、また(民主党が

いうところの)地域主権を実現させるためにも、那覇市が可決した意見書と
同様のものを成立させるよう提案してきました。もちろん、その裏には
支那人への牽制の意を込めたつもりです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偉い人 | トップ | 潜入!外国人会議 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
敵国中国 (左巻き菅)
2010-09-23 11:09:44
一党独裁の共産主義国・中国にとって日本は敵国であることが、改めて明確になってきた。
日本の領海で魚を取り、かつ日本の船を破損させた漁船船長を投獄するのは当然である。
尖閣諸島は日本の領土であるが、石油・ガス資源が確認されてから、中国は自国の領土であると主張しはじめた。
検察と取引した民主党 (ゆき)
2010-09-24 23:59:16
尖閣諸島海域を侵犯した、漁船を装った工作機関関係者の謀略では無かったか? 結局、検察庁の度重なる不始末と、国策調査などと敵意を露わにする民主党とが、取引したのが船長解放だと感じます。悲しい々々々、菅内閣です!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。