一、護国者として~書を捨てず、街へ出よう~

我が祖国・日本を「普通の国」にするために、出来る事をする。その一環として書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝鮮学校補助金の初歩の初歩

2010年09月18日 | カオスの街・川崎

日本全国にある朝鮮学校に対して補助金が拠出されているのは今さら
言うまでもありませんし、川崎市においても、それは例外ではありません。
しかし、どういった根拠で、また、どのような経緯で拠出されるようになった
かについては、意外と知らないのではないでしょうか。恥ずかしながら筆者も
その1人で、今さらながら勉強すべく市役所に行ってきました。

川崎市の場合、担当となる部署が市民・こども局こども本部子育て施策部
こども企画課というところです。子供とせず、敢えて「こども」とするあたり、
サヨク臭いがプンプン漂ってくるのは気のせいでしょうか(苦笑)。
今回、対応して下さったのは、そこの課長です。

Q.朝鮮学校への補助金は、どのような決まりによって拠出されているのか
A.補助金の支払要綱があり、それに基づいて行われている。

Q.なぜ、支払われるようになったのか?
A.歴史的経緯を鑑みて、支払うようになった。ただ、その経緯について
     記録はない。

Q.いつから、いくら支払われるようになったのか?
A.正確な事は資料を見ないと分からないが、恐らく昭和40~50年代くらい

筆者注:この資料は現在、開示請求中です。

Q.川崎市には、各種学校への補助金も拠出しているが、それと別枠に
     なっている理由は何か?

A.各種学校は義務教育を修了した人向けの学校へのもの、朝鮮学校への
     補助金は子供向けの学校へのものと定義している。


Q.朝鮮学校補助金に対して、議会はどうタッチしているのか?
A.補助金は予算に組み込まれており、それへの承認という形でタッチ
     させている。


筆者注:言い換えると、補助金を拠出する事そのものに関して議会は
             ノータッチだったようです。

Q.最終的に予算を計上させる(判を押す)のは誰か?
A.補助金の額から、こども本部長が行っている。

筆者注:補助金の額によっては、もっと上の責任者まで判が必要なようです。

Q.昨年、提出された「川崎市職員措置請求書」には、会議が行われた
     場所が実在しないなど様々な問題点が言及されていたが?

A.その件に関しては誤字・脱字があった事が後に判明しており、現在は
     実在している施設で実際に会議が行われた事を確認している。

筆者注:誤字、脱字をチェックしていなかった件については市側のミスを
             認めていました。また、その資料も開示請求中です。

Q.(今までの話の中で、課長や職員が朝鮮学校に年に数回ほど行っている、と聞き)授業内容や
     金親子の肖像画を見た事はあるか?

A.朝鮮学校に行く時は専ら補助金の話で行くので、見た事はない。
     そもそも、学校の運営などについては県が権限を持っているので、
     市の職員である我々に授業検分の権限はない。


Q.朝鮮学校への補助金拠出は憲法(89条)違反との認識はあるか?
A.意見として聞いた事はあるが、逆の意見(拠出しろ)も聞いており、
     なかなか難しいところがある。

Q.他のインターナショナルスクールに対して補助金の拠出はしているか?
A.川崎区貝塚にあるキンダーガーデン幼児園に出している。

今回はクリーンかわさき連絡会の名前の売り込みと質疑応答が目的で
談判が目的ではなかったので、このようなライトなものになってしまい
ましたが、自分なりに収穫はあったと思っています。
これは川崎市に限った話ではないのでしょうが、今回の質疑で本当に呆れ
返ったのが、朝鮮人という国籍はもちろん文化も言語も違う外国人を扱って
いるはずの部署の人間が、朝鮮人の事について何も知らなかった事です。
歴史的経緯に基づいて拠出しているはずなのに、その「歴史的経緯」の
資料もなければ部署の長(中間管理職といえど)なりの考えすら述べる事が
出来ない。これが左巻きな人間であれば反論する事も可能なのですが、
知らないと言われると手の打ちようがありません。この事に対して特に
猛省を求めつつ退席しました。

「お前、こんな程度の事も知らなかったの?」と言われてしまえば「はい、
そうです。すみません」としか言いようがないのですが、いずれにしても
勉強になりました。特に、開示請求中の資料が筆者の手元に来て、それを
精査できる日が待ち遠しいです。

実は、朝鮮学校への補助金拠出とは別に様々な香ばしい資料を入手して
きたのですが、それは後日に公表したいと思います。乞う、ご期待!?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党代表選の結果を受けて | トップ | 偉い人 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (相良 宗介@本物)
2010-09-19 09:07:14
>A.歴史的経緯を鑑みて、支払うようになった。ただ、その経緯について記録はない。

これだけでも、充分過ぎるほど香ばしいです。
私なら、この回答一つでハイパーモードが発動しますよ。
(この部分を読んだだけで、気力が129まで上昇しましたw)

書類が無いと始まらない(お役所)で、その経緯を記した記録が無いとか・・・冗談もほどほどにしとけと。


>朝鮮学校への補助金拠出とは別に様々な香ばしい資料を入手してきたのですが、

・・・何が飛び出すか、wktkしながらお待ちしております。

もしよろしければ、最近はじめた私の生放送で公開しちゃいますか??
Unknown (影丸)
2010-09-20 05:07:24
>ハーグ竹島さん

こんな時こそ9月7日のエントリー記事の今こそ愛校心を~ケンカ推奨論を実行に移すべき時ではありませんか。

コメントありがとうございます (筆者(ハーグ竹島))
2010-09-23 04:35:07
>相良宗介 さん

本人と直接お話したので割愛(笑)。
集めた香ばしい資料は、いずれ生放送で紹介させていただければと思っています。

>影丸さん

まさに仰るとおりで、その一環として横浜での教科書シンポジウムに殴りこみ(?)を
掛けましたし、今後は川崎市外国人市民代表者会議に対して白手袋を投げていきます。
差し当たっては9月26日の会議を傍聴しますが、12月5日にはオープン会議が開催され、
そこでは傍聴人も意見を述べる事が出来るので、本番はそこになるでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。