花と緑に囲まれたリビングのような洋服屋セントオーディン[ St.ODIM ]

100%オリジナルのオーダースーツ&ジャケットのアトリエから新作の数々とそれにまつわる素敵なエピソードをお届けします

素敵な時間を約束してくれるワンピース

2017-07-14 01:27:59 | セントオーディン

 

 

優しい色合いがサマーツィードに映えて。

 
 
 
 
心と体の両方が喜ぶ
 
 
心地よい肌触り感、
 
 
そして見た目に優しい色。
 
 
 
 
 
 
ピンクの色には
 
 
人とのご縁を広めてくれる
 
 
素敵なパワーがあります。
 
 
 
 
 
 
お出かけする時、
 
 
大切な方とご一緒する時、
 
 
このワンピースがきっと
 
 
素敵な時間を約束してくれるでしょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そこには、
 
 
ほっこりした優しさと
 
 
温かみ溢れるノスタルジックに愛情を感じたり
 
 
素朴なフレンチシックに
 
 
時も穏やかに流れていきます。
 
 
 
 
 
 
 
いつまでも乙女の夢が広がる、
 
 
ロマンティックなワンピース
 
 
 
 
 
 
 
1枚は必ず欲しい、
 
 
セントオーディンの定番的なデザインで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界を変えたレコード展

2017-07-12 21:32:57 | セントオーディン

 

 

ジャケ買いしてませんでしたか?


あの頃・・・




人によって「あの頃」が変わってくる。


大阪グランフロントで行われている展覧会。


「世界を変えたレコード展」





そこに入ると

若かった頃の自分と出逢う。




あのジャケットを買ったのは・・・

あの曲を聴いたのは・・・




圧巻だったのは、

音楽に関係するレコードをはじめ、

雑誌やTV、アーティストや関係者、

そしてその時代の出来事などをまとめた

巨大年表「ミュージック・クロニクル」



 

「懐かしいな〜、これ海行くときによく聴いたヤツ」

1980年代の年表の前で

40代くらいの男性と女性が笑いながら

話をしていた。

その声はまるで20代。





「このイラストレーターは

ロジャーディーンって人が描いているんだ」
 
初老の男性が

4枚のアルバムが入ったケースの前で
 
 
優しそうな奥様らしき女性に

語っているのが聴こえてきた。

そのお二人もはしゃぐように、

目をキラキラさせて

ジャケットを眺めていた。




ロジャーディーン、

私も大好きだった。


その絵に惹かれて初めてYESを聴いた。

 
 

ノスタルジックな想い以上の

そのレコードジャケットの迫力に

圧倒された展覧会。





音楽業界を変えたMTVも

ブラウン管のテレビから流れていた。

マイケルが踊っている。

スリラーを見た時の衝撃は今も思い出す。

音楽が目から入ってきた瞬間だった。




また、寄贈されたレコードには

送り主からの手紙も展示されていた。

そこには、コレクションされた方と

贈られた方の想いも込められていた。





出口に置かれたTVには

ギャラリーツアーをしている監修者、立川直樹さんが

説明されているビデオが流されていた。

ちょうどそのツアーで話されたのを聴いたのは、

「MTVは最初、白人のロックミュージックビデオしか

流さないという暗黙の了解があった」

というあたりから。



へぇ〜、そうやったんや。

「マイケル・ジャクソンは黒人で

初めてミュージックビデオを

MTVで放送された」ということ。



きっともっと面白いお話が聴けるはず!

ギャラリーツアーは

次回23日(日)14時〜が最終回だそうだ。

久しぶりにお会いしたいけれど・・・

お時間のある方は、ぜひこのギャラリーツアーへ。

日本の音楽・芸術・文化の生き字引のような

立川さんのお話は本当に感動しますよ!




今、音楽は配信される時代。

デジタルもいいけど、

たまにはこんな風にアナログに浸るのも

素敵なことだと思いながら

セール真っ只中の梅田の街へ。








 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんなコートになるのかしら?

2017-07-12 08:14:02 | オーダーメイド

 

 

印象的な色合いのカシミヤ。


 
 
カシミヤといえば、黒、そしてグレー。
 
 
究極のキャメル・・・
 
 
 
 
 
 
 
そんな風に思い浮かべるのは
 
 
ちょっと昔の話。
 
 
 
 
 
 
ベーシックな色は長く愛用いただくには
 
 
必要なものですが
 
 
2枚目からのコートは
 
 
色にこだわった装いを考えてみませんか?
 
 
 
 
 
 
この生地はヴィンテージファブリック。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その色合いの「鮮やかさと深み」
 
 
この相反する言葉が
 
 
まさにぴったり当てはまるファブリック。
 
 
 
 
 
 
まっすぐな糸ではなく
 
 
ループヤーンを使っています。
 
 
 
 
 
 
ブルーグリーンと金糸雀(カナリア) 色が
 
 
丁寧に織り上げられ
 
 
不思議な魅力を醸し出しています。
 
 
 
 
 
 
どんなコートになるのかしら?



 
今からワクワクしてきます。
 
 
 
 
 
今年は綺麗なコートを!とお探しの方、
 
 
 
 
 
この素敵なファブリックに
 
 
出逢いにいらしてくださいね。
 
 
 
 
 
 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お客様お一人おひとりのライフスタイルに合うご提案を

2017-07-11 10:06:57 | オーダーメイド

 

 
 
初めてメールで


お問い合わせがあったのが


2年くらい前。
 





服への思いや服作りへのこだわりなどを


セントオーディンの服のことなど


何度かメールのやり取りがあって

 
そして昨年の冬に


「ようやくオーダーする気持ち」に


なったと連絡があり


そしてご来店になられました。





 
でも


「何を作ったらいいのかわからない」


おっしゃいます。





そうおっしゃる方は意外と多いです。


なぜなら、レディスでオーダーなんて


やっているお店と出会うことがないので


経験のある方はいらっしゃらないのです。



 



 
お客様には


さまざまな方がいらっしゃいます。


 
 
 
そのお客様お一人おひとりの


普段の生活から仕事のこと、服に対しての思いやら

 
現在のクローゼット状況、


そして今後のクローゼットの予測などなど


いろいろなことをお伺いして


その上でのオーダーするものの


ご提案をさせていただきます。





 

 
たくさんの数を作るのではなく、


お客様のサイズに合わせて出来上がる1着のために


型紙を作るところからはじめて、


仮縫いをさせていただき


その上でお選びいただいた生地で


作り上がるので


オーダーメイドの価格は、


既製品を買うより初めのコストは少々高くなります。




 
しかし、これから何年と


着ていくオーダーメイドの服が


仕事シーンや、プライベートなシーンで、


その人の人生の


良きパートナーであることを考えると


長い目で見てコストパフォーマンスは


抜群だと私は思います。





 
 
そして今回選ばれたのは、


ベージュのサマーツィード











透明のフィラメントが織り込まれて、


光の当たり具合で品良くキラキラしてくれます。

 
 
 
 
お持ちのスカートにも合うような


ジャケットの丈に襟は硬くなりすぎないように

 
丸みを帯びたエレガントなデザインに。







ジャケットを試着して

「ジャケットって素敵ですね〜」と


可愛いお声をいただきました。






そうなんです!


ジャケットはとっても


素敵で便利なアイテムなんです。








ボタンも生地に合わせてひと工夫!


ほら、素敵でしょ!!






さて、ジャケットに合わせるスカートは


たっぷりタックをとって


キュートなシルエットに。





それぞれ単品として


使っていただくこともできるラインになっています。





でも何かあれば、すぐにスーツとして


対応できるっていうのが素敵なんです。







 
これを機にオーダーメイドを


楽しんでいただけたら幸せです。
 





 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若々しく品良く、これから仕事頑張ります!というイメージ

2017-07-09 08:26:40 | メンズオーダーメイド

 


 
大学を卒業し、


初めて社会にでて仕事をする。




 
その記念に、とオーダーされたスーツ。



 
 
生地を選ぶ時に、

 

グレーは「上司のイメージ」

 

濃紺は「先輩が着てそう」


 
黒は「就活に着ていたから」


 
と、



「青藍に紺色のチェック」



の生地をセレクト。







新卒者が持つのはこんな印象なのかと


 色に対するイメージを


あらためて教わった1着。




 
 
若々しく品良く

 
これから仕事頑張ります!


というイメージに。

 
 




 
普段着るのは、いつものスーツ。
 


でも、社会人になったら
 

いままでのような感じではダメなような気がする。
 
 
そんなイザ!という時のための1着。




 
 
新しい環境にも柔軟に対応でき

 
クライアントの前でもきちんとしている印象で

 
これからの時代を作っていってほしいという

 
願いがこもった1着となりました。





 
 
 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深い紺色の世界に浮かび上がる月たち

2017-07-08 22:00:25 | オーダーメイド

 

 

Moon-と名付けられたこの生地。

 


月の満ち欠けが

 
そのままジャカード織された美しい布





 
光っているので色は分かりずらいですが

 
実は、深い紺色




 
その魅力的な色の中で

 
月の柄は光を浴びて、

 
その姿を現します。





 
そう、それはまるで

 
朔の日から新たな月が生まれてくる様な。

 
夜明けの一瞬前の光を受け始める直前の様な。

 
深い紺色はこれから光を受ける準備をしている様な色。


そんな深い紺色の世界。



 
 
そしてそこに浮かび上がる月たち。





月のスピリチュアルな力を


纏っている自分を想像してみて




 
その力はきっと、

 
勇気をくれる。自信をくれる。





 
夢を叶えたいと思っている方、

 
お仕事で上を目指している方、

 
自分を変えたいと思っている方。

 




 
一度この美しい生地を見てみませんか?









 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリコレ作品のスピンオフ・ブラウス

2017-06-30 07:22:01 | オーダーメイド

 

 
 
パリコレで作った
 
 
グラデーションドットのワンピース。
 
 
 
 
 
その柄で作ったオーダーブラウス。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
程よい襟開きのリラックスしたブラウスは
 
 
着る人の個性を
 
 
キラリと輝かせる1着に。
 
 
 
 
 
 
 
シンプルなコーディネイトから始まる、
 
 
新しい1日のための1着
 
 
 
 
 
 
着心地が良くてベーシック、
 
 
フェミニンな中にも
 
 
凛とした佇まいのある服が
 
 
長く愛用していただけるコツだと思う。
 
 
 
 
 
グラデーションドット
 
 
柔らかなグラデーションは
 
 
どこか着物の染めを思わせる。
 
 
 
 
 
 
柄を描いた本人が
 
 
言うのもおかしな話だが
 
 
意識しない中に日本人としての
 
 
「和」が存在している。
 
 
 
 
 
 
 
洋服を作っているのに、
 
 
「和」を感じさせる・・・
 
 
なんとも不思議なこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
透け感とマットなツヤ感のある素材は
 
 
ポリエステルシフォン。
 
 
 
 
 
 
 
汗をかいても洗っても
 
すぐに乾く優れもの。
 
 
夏の日もお洗濯を気にせず着ていただける。
 
 
確かな素材や着心地の良さへのこだわりと
 
 
「着て」「洗って」を
 
 
繰り返すことで愛おしさが増す
 
 
 
 
 
 
 
自分らしいスタイルの一着を手にすれば、
 
 
外へ出かけるのが楽しみになる!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「パリコレ」の夢もこれで叶えて頂きました!

2017-06-29 12:57:40 | オーダーメイド


今年も七夕飾りやります!



これから短冊が

いっぱいになってきます。



何と言っても

願いが叶う!と

リピーターの多い七夕の笹です。



私もこの短冊に「パリコレ」と書いて

願いを叶えてもらいました。






昨日の墨彩画サロンで

描いた紫陽花の紙を短冊に

切ってみました。



1枚はオーディンさんの願いごとに。

あと4枚は来店されたお客様に

書いていただきます。


7月8日の朝一に御霊神社へ

みなさんの願いのこもった

短冊を持って奉納に行きます。



神様、今年も

よろしくお願いいたします。





☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パキラの葉、大自然のビジュー

2017-06-28 21:32:19 | セントオーディン

 

 

アイディアは


どんなところにも転がっている。




そう思わせてくれる1枚のパキラの葉。



 
葉の裏側についた樹液が

 
まるでダイヤモンドのように光を反射して

 
なんと美しいことか!!




 
ずっと昔、

 
これと同じようなものと出会った最初の人の


感動はどうだったんだろう。






その感動をそのままに 

 
ビーズやクリスタルを


作ったんだろうな、きっと!




 
いつまでも見ていて飽きない大自然の妙
 



そしてこれを服に置き換えた時、

 
どんなデザインになるかな〜と


考える私は、
 
 
やっぱりデザイナーなのだろうな。
 
 
 





 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グレーグラデーションの迷彩柄

2017-06-28 06:45:23 | オーダーメイド

 

 

迷彩柄は


濃緑・濃紺・茶色といった色が多い中、


この迷彩は


上品なグレーグラデーションの


ジャカード織り








 
カジュアルなイメージが強い迷彩ですが


この迷彩だったら


仕事用のジャケットとしてもOKです。






あくまでも、

 
シルエットはシンプルに






さらに、

 
ボタンひとつで


服の印象はがらりと変わります。






この柄で


ボタンだけ浮いてしまうのは言語道断!


ってことで

 
ボタンも迷彩に染めてみました。





 
 
小さなボタンにもこだわりを!







だって、


世界に1着しかないジャケットですから!!




 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「梅雨は嫌い!」とまだ言いますか?

2017-06-27 08:30:27 | オーダーメイド

 

  

 
「梅雨はじめじめしていて鬱陶しくて嫌い!」と


 思っている方は多いのではないでしょうか?




 
確かに、何を隠そう、


 私にとって梅雨というか、


 雨の日のイメージは「濡れる」です。





 
オーディンさんとのお散歩では、


レインコートが嫌いなオーディンさんに


傘をさし


私は雨に濡れてもいいように


『レインコート』というスタイルです。





 
だから「濡れる」私は雨の日は、


雨の日ならではの楽しみ方を持っています





 
しとしと雨でも、ゲリラ豪雨でも


濡れることには変わりはありません。






としたら、


「濡れる」を楽しんじゃいましょう。






 
同じレインコートでも


自分仕様のちょっとオシャレな


レインコートがあったら

 
雨の日がぐ〜んと楽しくと思いませんか。







 
今日は午後から雨になりそう〜


という日も、すばやくいつものスタイルに


レインコートをプラス!


ただそれだけで「雨の日仕様」に大変身!!







 
最近はレインシューズも


可愛いものやオシャレなものが多くて


足元は結構変わってきています。





 
大きく見える服装も


雨の日こそ、


オシャレして過ごしてみませんか?







 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私に贈りたい、ベストなご褒美!!

2017-06-26 08:36:36 | オーダーメイド

 

 
メンズのスーツ生地で作るシャツ。



 
誰もそんな発想することはない


思うのですが


これが本当に素敵なんです!!










「装飾のない贅沢を知る」って


言うのでしょうか!?






そのミニマルな美しさには


なんとも言えないものがあります。






 
キリッとしたその印象、


ハンサムスーツならぬ、


ハンサムシャツ!!







 
スタンダードなアイテムこそ、


インパクトのあるものを選びたいものです。



 
袖を通す時のサラリ感、


肌が喜ぶようなsummer woolに


なんども着たくなる1着です。







 
豊富なメンズスーツの生地の中から


こんな「美しくてかっこいい!」を

 
あなたのクローゼットに


プラスしてみませんか?







 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素敵な服に出会う旅

2017-06-23 16:23:35 | オーダーメイド

 

 
 
「いい服は空間をつくる。」





昔、パリのメゾンで



そんな風にささやいたファッションディレクター。





オシャレなディレクターに当時憧れたものだ。







 
柔らかな雰囲気の服の中にある品格。


それを着て丸一日過ごせる心地よさ。


幸せ感。








1着1着を作り上げるその気風は


時代を遡って感じるピリッとした緊張感。


そのどこか張り詰めた空気に


背筋はピッと伸びて。





 
 
透明感のあるフィラメントが美しい光を放つツィードに


艶やかなレースと淡く浮かび上がる同色のビーズたちが


リアルで綿密な瞬間を映し出す。








 
 
いつもの空間が着ている服によって変わる。




 
甘くなったり、優しくなったり


鋭くなったり、強くなったり・・・







裸でない限り、私たちは服を着る。





「いい服は空間をつくる。」

 
 
 
 
 
そう、その言葉の通り、その空間でその服を着ていることが
 
 
 
まわりへ幸せ感を伝染させる。






特別な1着。


今日もこの1着に手が伸びて。








 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レトロモダンなシルエットで

2017-06-22 15:56:19 | オーダーメイド

 

 

シャドージャカードの

レオパード柄スプリングコート&スカート。



 
レオパードと言えば、

頭に浮かぶのは、いわゆる「ヒョウ柄」。





でも今回のご依頼は、

こんなにオシャレな「レオパード柄」。



無地のようで無地じゃなく・・・




う〜ん、難しい!



 
でもなかなか普通の婦人服生地ではなく


インテリアファブリックまで


範囲を広げて探しました。





 
そして見つけたのが、こちら!


なんとも素敵な生地。







 
主張せず、主張する。


見えそうで見えない。


でもしっかり「レオパード柄」


淡く浮かび上がるジャカード織り。





なんとも素敵。






 
ハンサム柄でキュート。


凛としていてエレガント。





 
柄に合わせてシンプルベーシックな


女性らしいボックスシルエットのデザインに。







 
いつまでも素敵な女性のために。



このコートとスカートで輝いていてほしい!




 


 
 
   
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美人度アップのこのジャケットは、未来をキラキラと輝かせる

2017-03-12 23:23:44 | オーダーメイド

 

 

心を高揚させる、

繊細で夢のようなレースのジャケット。



 
この春はもう一度、

ピンクをとことん愛してみる




日々の緊張した心をゆるめて、


あるがままな心が


美しい日々をつくり出す






自然に思いを馳せた時、


ゆるやかな時間の流れが


心を整えてくれる。





 
そこには、


春色ピンクのレースジャケットがある。





 
いつもとは違う感覚に包まれて


特別な感覚を与えてくれるもの。



 


美人度アップのこのジャケット、


それは、素肌のように


未来をキラキラと輝かせる






素敵な春のひとときを


レースのジャケットと共に。







☆ St.ODIM HPはこちら ☆ 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加