高齢者外出介助の会

さあみんなで出かけましょう!

終い支度の話を図らずも2件も聞く羽目に

2017-06-30 16:25:51 | 空堀商店街

いつもしんどいと言ってこられるKSさん。今日は前の続きで、ご主人を老人ホームに入れたけど、ちょうど近くのホームが空いてよかったと報告。そして家を売る話。仕事を辞めた時も売るということでしたが、買い手が出てきたときにもう少しと思ってなかったことにした。今回はもう一人でいるよりバリアフリーでコンパクトなところに引っ越しを考えられているようです。私たちがしている町並みを残してと井戸端会の話をしましたが、もう少し若かったらと断られました。
そこにもう一人、定年後料理の好きな旦那さんが料理を生かした飲み屋さんをされている方が、「いらんもの持ってきていい?」聞くと店をやめて和歌山に行かれるらしく、大阪の自宅もそれともに今の近くに引っ越しをされるらしいのです。
お二人が「もう片付けな、なあー。いらんものがいっぱいや」と片付けの話。皆さん70代後半の方々でしまい支度の話に図らずもなりました。
いつか始末をしなければなりませんが、少し寂しい話になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 覚悟があれば手伝います | トップ | 入院するしないも自分で決める »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

空堀商店街」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。