<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

それで美しい人生を生きていることになる

2017年02月12日 04時14分12秒 | Weblog

トイレの窓を開けて外の様子をさぐったけど、雪はうっすら白いだけで分厚く積んではいないようだった。月夜の光のようだった。寝室に戻って来た。さあもう一度目を閉じよう。美しいあの人の夢を見よう。いま真夜中の四時半。

いっしょに人生というダンスを踊っている夢を見よう。それで美しい人生を生きていることになる。ふふふ。ふふふ。美しい人生を生きるなんて簡単なことだ。

老いてもなおこころは独り青年期でいたりする。現実の実行がともなわないけど、それはそれでいいらしい。夢に遊ぶ老爺の夜中。時を刻む柱時計の音。

たった夢の世界くらいでも、美しい人生でありうるものらしい。そしてあるときそれがふっとおしまいになる。目がもう覚めなくなる時が来る。それでいい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そんなに女を振りまいたら | トップ | 何を楽しみとするか、それぞ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL