<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

菅生という小集落

2016年10月12日 14時49分23秒 | Weblog

我が住むところ城原の中に「菅生」という小集落がある。「菅(すが)」は「すげ」の古い呼び名。「すげ」はカヤトリグサ科スゲ属の草本の総称。日本に約200種が自生する。昔の人はカンスゲ、カサスゲの葉を刈り取って菅傘や蓑を作った。葉鞘は管(くだ)になって茎を囲んでいる。菅生はだから菅が生えていた原野だったかもしれない。城原川の流域である。洪水がしきりに起こっていたことも考えられる。祇園川が流れ込んで合流しているあたりは浅瀬で、ここに多くの鴫や鷺が集まっている。サイクリングをしているときによく見かける。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癒す力 相手を元気にさせる力 | トップ | 白い夕月 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL