<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

村雨の後に霧立ちのぼる

2016年09月18日 10時22分09秒 | Weblog

秋の歌を拾う。

むらさめの露もまだひぬ真木の葉に霧たちのぼる秋の夕暮れ     寂蓮法師 新古今和歌集より

むらさめは秋口に降る雨。俄雨。驟雨、白雨とも。ひとしきり強く降って来る。真木は杉や檜などの常緑樹。

夕暮れ時、一陣さっと強い雨が降って過ぎて行った。葉っぱ葉っぱに丸い雫が垂れている。その露の玉がまだ乾いていない。そこへ気温が上昇してきて霧が発生してきたようだ。辺り一面が白くなってきた秋の夕暮れ。降り込められてわたしはとうとう何処にも行けなかった。誰も尋ねてこなかった。この寺院の内外の何処も静かでもの寂しい。

みほとけに仕える法師さまでもときとして寂しいか。歌を歌って己を慰めておられるようだ。歌を歌ったら寂しさは消えて行くのか。明らかにものを見ることができたら、諦めが付くのだろうか。俗物のさぶろうはこうはいかない。霧が立ちのぼっていくのを見届けているばかりではおられずに、どこぞへ走り出して行くだろう。おっとっとっと、さぶろうは片足麻痺だから走り出しては行けなかった。では、杖を突いて一歩を踏みしめながら。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の一人くらいは何とでもなる | トップ | 鴫が鳴いたってどうともない »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL