<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

仕事を終えた若い女性が二人

2017年07月15日 21時24分42秒 | Weblog

湯は10時まで。もう9時を少し回っている。仕事を終えた若い女性が二人。宿の湯に入りに来た若い女性が二人。玄関を押して入ってきた。ついつい声を掛けてしまった。「仕事が終ったんですね。お疲れでした」二人はにっこりして、「はい、そうです」と返事を返してきた。にっこりが美しかった。泊まり客の僕は寝る前の湯から上がり、部屋に向かうところだった。玄関を通り掛かった。一日の仕事の疲れが湯に流されて、二人はすばやく元気を取り戻すであろうと思った。小浜の町は海沿いなのに街中が湯煙の町である。だからこそ、仕事終わりに温泉湯を浴びることができる。他の町ではありえない風景であった。湯は透明。泉源は80度から100度あるらしい。塩っからくはない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海沿いの小浜温泉に宿を取った | トップ | オニユリは鬼百合と書く ど... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL