<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

わたしは次々に新しくなって行くのだ その7

2017年05月17日 14時17分46秒 | Weblog

7)見て来たような嘘を書いている。世界観、宇宙観はどうも個々別々性があって客観性に乏しいので、その隙を狙っていい加減な暴言を吐いている。この老爺は、はしたがない。読者諸氏はまたかと思ってうんざりされているだろう。読み捨てて下さい。

青い梅の実が実っている。まだ収獲はできない。梅の実だって一年一年新しい。梅の木が宇宙で、わたしたちがその木に実る青い実である。宇宙もまた新しくなって行く。それで膨張と収縮を繰り返している。限りなく膨張して極大はぐらりと転回する。そこから限りなく収縮をして点になる。点の中にエネルギーが蔵される。新しいパワーと新しい意図が誕生して、超爆発が起きる。次の新しいステージに移行する。こうして次々に形の枠組みの生死が繰り返され、その度ごとに新しくなって行く。大きな歯車が活動して、全体が活気に満ちあふれて行く。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしは次々と新しくなって... | トップ | わたしは次々と新しくなって... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL