<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

帰依しないでいられたことはなかったのである

2017年07月13日 21時37分01秒 | Weblog

ブッダンサラナンガッチャーミー。わたしは仏陀に帰依いたします。帰依するというのは、全部が全部預けます、ということ。そこに、わたしの測量がない。それでどうなるかという損得勘定がなくなっている。そういうことだ。どうなろうとそれでいいのである。信頼というのは凡そそういうことなのではないか。裏切られたなどと言う必要を拒否している姿勢だ。

生まれてきたのもわたしの力ではなかったのである。わたしの裁量を逸脱した出来事だったのである。死ぬのもそうだ。わたしがわたしの力で以て成就できることではない。すっかりお任せにしておいて、それですべからく調和して完了貫徹することだからだ。わたしの生死が、わたしを度外視して進んできたのである。わたしが、よしんば介入したところで、どうにかなるものでもなかったのである。

早朝7時。はやくも夏蝉が鳴いている。草むらには虫がすだく。わたしはそれに我が耳を傾ける。そしておだやかなこころを保つ。野菜瓜の小さな黄色い花が、ベランダの自転車のところまで這い上がってきて、おはようを叫んでいる。おおなんといじらしい。わたしは来る朝ごとによりよい方へよりよい方へ導かれている。ダンマンサラナンガッチャーミー。わたしは法(ダンマ=この世を総べる法則=真如)に帰依たします。帰依の表明をしようがするまいが、帰依しないでいられたことがなかったのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「一日が終わった。で、プラ... | トップ | わたしはときにいなくなりわ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL