<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

目と口と手はみなきみに触れるための器具

2017年07月23日 18時57分49秒 | Weblog

目と口と手はみなきみに触るる器具 触れずして澄む月明の山      薬王華蔵

わたしの手はあなたに触れるための器具である。わたしの口はあなたに触れるための道具である。わたしの目はあなたに触れるための調具である。それ以外の用途ではない。しかあれども、今夜の月は煌々と照らして澄み渡っている。わたしはあなたに触れずしてこの月明の山に向かってただに立ち尽くしている。空しや。わたしの口も目も手もあってなきがごとし。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恐怖(くふ)を遊ばせている... | トップ | 蝶のみの唯仏与仏の世界が究... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL