<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

己の暮らしの後悔で真っ赤な海を汚したくない

2017年05月18日 15時48分54秒 | Weblog

さぶろうは老爺である。でも、今日という日を新しく与えられた。これに変わりはない。その通りだ。今日が始まって今日が終わるのだ。まったく新しい今日なのだ。

さぶろう、では、お前は新しい今日を新しく生きたか。新鮮な感動で埋め尽くせたか。今日生まれたのだったら、それがお前にあるはずだ。次々に押し寄せる感動の波頭で立っていられないほどのはずだ。そうしているか、さぶろう。

生きていることに慣れきったような不届きな顔をしていないか。今日は今日で終わるのだ。もう一日を恵んでくださいなどと言わないでいいように、今日を今日で足りていなければならぬ。どんな文句も付け加えないでいいようにしておかねばならぬ。

是と是と是と是で今日を満たす。否定を吐かない一日にするために息を吸う。胸いっぱい息を吸う。おいしい息を吸う。生きているときの今でなければ吸えないその息を吸う。

さぶろうに五月の緑の風。さぶろうの頬を撫でて通って行く。老爺には時間がない。残されている時間が、海に落ちる入り日のように迫っている。己の暮らしの後悔で真っ赤な海を汚すのはご免だ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうしてそうなっているのか... | トップ | 先ずは己の目を明るい方へ、... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL