<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

さぶろうは振りの「振り付け師」:偽者 その1

2016年12月13日 14時42分08秒 | Weblog

さぶろうは単純でありますから、仏さまのことを口にしていると落ち着くのであります。しかし、決して分かっているのではありません。仏さまの説かれていることが理解できているわけではないのであります。いわが振りをしているのです。なった振り、分かった振りをしている「振り付け師」であります。

仏の三種の身は方等より生ず。是(これ)大法印なり。涅槃海を印す。此の如き海中より能く三種の仏の清浄の身を生ず。 (法華経:仏説観普賢菩薩行法経より)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« へぼでない生き方を羨むこと... | トップ | 我は振りの「振り付け師」、... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事