<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

仏道修行者は一処不住でなければならない

2017年12月10日 17時50分01秒 | Weblog

お慕いする良寬様のお歌をもう一首。

浮雲の身にしありせばほととぎすしば鳴く頃はいづこに待たむ

浮き雲の身。行雲流水。良寬様は雲水さんである。仏道修行者は一処不住の人でなければならない。そうでなくとも、人間なべて一つの処にとどまれない、さすらい人である。

いざさらばさきくてませよほととぎすしば鳴く頃は又も来てみん  貞心尼

さようなら、どうかお元気で居て下さい。ホトトギスが鳴く頃になったらまた訪ねて参ります。貞心尼はそういって立ち去って行かれた。そこへすかさず禅師が、返歌をされたのが最初の歌だ。ホトトギスが鳴く頃までは待てません、と。いわば駄々を捏ねられたのだ。そんな冷たいことは言わないですぐにもまた尋ねて来て下さいと。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたの歩いてくる道がかく... | トップ | わたしはとてもこういうこと... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事