<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

魂の機嫌がよくなるのを待つしかない

2017年06月14日 16時16分36秒 | Weblog

あやす。僕は僕をあやす。頻りにあやす。僕の魂の目がようやく潰れる。すやすやの寝息になる。寝息の横で僕はほっとする。僕の魂はまるで赤ん坊だ。揺すってやる。撫でてやる。歌を歌ってやる。ブログを書いて読んでやる。甘いことばのお菓子を含ませてやる。ワーズワースの詩を聞かせてやる。ゴツゴツした孟浩然の文学を味わわせてやる。ハーモニカを奏でてやる。クレヨン水彩を描いてやる。困ったことにしばらくすると魂は目を覚ます。むずがる。ごねる。愛情の手を欲しがる。その度ごとに僕は、魂を可哀想になる。根本的な解決法があればいいのだが、いまのところそれは見付かっていない。あやす。あやすしかない。機嫌がよくなるのを待つしかない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 捨て猫子猫事件はこれで解決 | トップ | 彼等は天の時、地の時を理解... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL