<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

人には停滞と映る場所「ここ」

2016年10月14日 11時18分45秒 | Weblog

しょうがないなあ。「おれはここでいい」って言って、あいつ、下りてしまうんだものね。ここからが面白くなるというところで。その手前1kmのところで。「おれはともかく無事に此処まで来たのだ、途中途中でももうしっかり楽しめたから、満腹している。なあに、何処まで行ったところで、まあ今のものに少し毛が伸びたくらいなものだろう」あいつは、どうも欲が少なくって扱いにくい。共同歩調を取らない。あいつの悪い癖だ。

黄色い蝶が庭先に一羽来て石蕗の黄金を愛でている。黄蝶にとってはここがその1km先だったのだ。ここはいつも到達先の「そこ」であり得ているという不思議さ。だったらあいつの説が正しいと言うことになる。先へ進まなくともいいということになる。ここでいいと言うことになる。進歩がなくても構わないと言うことになる。

人には停滞としか映らない「ここ」。ここはしかし同時に常に満ち足りることができる場所でもあるのだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死なないと生まれない (一... | トップ |  »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL