<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

2016年10月14日 11時40分06秒 | Weblog

扉は二つの役割をしている。一つは閉じるという役割だ。ここまでで締め切る。十分な長さを歩いて来たことを反芻する。そこから先へは行けない。だから行かないですむ。休める。休息所。守りの砦(とりで)の扉。もう一つは開けるという役割。そこから先が無限に広がっているから、無限への扉だ。そこへ一歩を踏み出す。こころが踊る。扉がなかったら踊れないところだったのに。扉があった。僕はこれからこれを開ける。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人には停滞と映る場所「ここ」 | トップ | 先がないと思ってかかる人は... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL