<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

明日は濠干し 魚捕り

2016年10月15日 20時24分18秒 | Weblog

明日は我が聚落の濠干しである。夜明けを待って開始される。農業用の溜め池が濠になっている。濠は東西に分かれて二つある。どちらとも可成りの広さだ。中央はお宮への参道が通じていた。この濠の水は勢福寺城のあった城山(じょうやま)から流れて来ている。歴史的に要塞だったかもしれない。鮒や鯉が養殖されているので、2年を待って濠を干すと大型の魚が捕れるのである。これを聚落の男衆が捕獲して来る。もちろんこどもたちも参加する。大賑わいになる。公民館でこれを男衆が捌く。女衆がこれを料理する。鯉は洗いや鯉濃の味噌汁になり、鮒は煮物にされる。エビが沢山捕れるときにはエビの掻き揚げが作られる。餅を搗いて牡丹餅ができあがる。里芋を潰して「しろんたい」なる料理となる。聚落のみなが膳につく。酒盛りが始まる。今年は近くの西九州大学福祉科の学生さん方がボランテイアで参加することになっている。大勢の若い人を迎えてきっと酒盛りも盛会となるだろう。だが、残念なことに、わたしは川魚が苦手である。生臭くて箸が伸びていかない。だから、お皿に盛られた肴の竹輪、天麩羅、各種野菜料理しか食べられない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野葡萄が小さな実をつけていた | トップ | 毒にも薬にもならない話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL