<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

友人を見舞った後、青い夏の海に出てみた

2017年07月29日 19時09分20秒 | Weblog

今日は友人を見舞った後、海に出てみた。友人は、病と戦っている者でありながら、そういう暗さ悲壮さ重さは影を潜めていた。明るかった。そのように努めているというところも見受けられなかった。高校時代の話に興じた。お昼時で弁当類を買って行ったが、しかし、彼の箸が全く動かなかった。飲む水の量も制限されているようだった。玄関に出て出迎えてくれた。帰りも玄関まで見送りをしてくれた。疲れさせてはいけないので、長居はしなかった。手を握り締め合って別れた。姪浜海岸線の生の松原がすぐ近くだった。そこから海岸線沿いに車を走らせた。砂浜には海水浴をする家族連れの人たちも見受けられた。車を降りて、何処までも続く青い風景を眺めた。眺めていても、風景の中にさっき別れてきた友人が現れて来て、ぼそりぼそり、ゆっくり噛みしめるように、あれやこれやの話の続きをしているようだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間容積はどうやって測定で... | トップ | 畑の大玉西瓜🍉が熟れていた ... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL