<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

恐怖(くふ)を遊ばせている荒野の竜胆

2017年07月23日 17時48分46秒 | Weblog

無有恐怖(むうくふ)が恐怖(くふ)を荒野に遊ばせて竜胆青し芒は白し           薬王華蔵

無有恐怖(むうくふ)とは「恐怖有ることなし」の凝縮形である。恐怖がないのだから涅槃である。涅槃の境界である。「恐怖あり」が迷界・人間界のあり方だが、しかし、それを引っくるめて裏返しすれば、無有恐怖の涅槃界、すなわち異界、菩薩界。仏界である。ここまで到達すると、これまでの世界の材質だった恐怖が一変する。自在を得る。荒野に遊ばせることが出来る。 自在に放たれた荒野に、竜胆は青く咲き、芒尾花は白い風と波を渡らせる。

恐怖は実体がない。空である。仏教はそう教えている。そこへ辿り着くと恐怖は形骸化してしまう。泡になって融けてしまう。無に帰してしまう。荒野は空の恐怖を遊ばせるところとなる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロレスごっこは止みそうに... | トップ | 目と口と手はみなきみに触れ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL