<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

そんなに女を振りまいたら

2017年02月12日 03時24分13秒 | Weblog

そんなに女を振りまいたら、女がなくなっちゃうよ。遠心分離機にかけられた医薬品のように、くとノと一の元素記号がてんでんばらばらにほどけてしまいそう。堅くしっかり結びあっているからこその淑女。淑女の色香は蕾の色香。だなんて心配してしまいそうな若い娘さんがテレビ映画の中に登場していた。ファッションに身を包んで化粧を厚くして紛失消失を防いでいるようでもあった。振りまくからこその女、飛び回るからこその春の蝶なのかもしれないけどね。これは老婆心。長く長く女でいることも大切なこと。いつまでもいつまでも馨しい性を保っていてほしい、とも思う。降りしきる雨にすっかり色を落としたキャンパスの中の踊り子の絵が、幾つも幾つも巷に落ちて泣いている。世の男たちが男を振りまいていないから、あまりにもあまりにも身を固くしているから、求愛のダンスをしなくなった雄鳥たち、そもそもそれがことの初めなのかもしれないが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼の人の手に舞う雪はうつく... | トップ | それで美しい人生を生きてい... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL