<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

死なないで生きている 生きて死なないでいる

2017年05月13日 04時13分44秒 | Weblog

さぶろうが生きている。息をしている。腹が膨れたり縮んだりしている。体温がある。温かい。心臓が血液を送り出している。脈がある。尿意がある。目を開いてものを見ている。耳で風の音を聞いている。痒いところを指先で掻いている。空腹を覚えている。喉が渇いて水を欲しがっている。五臓六腑が黙々と働いている。死なないでいる。あの人のことを思っている。寂しがっている。奥歯がズッキンとしている。いつか息が切れるのを予感して恐がっている。足で立ってトイレまで歩いている。禿げ頭をしている。つるつるしている。晴れた日には畑に種蒔きをして楽しんでいる。それを幸福だとしている。もうすぐ真夜中の五時。さぶろうは自分が生きていることを確かめようとしている。死んでいたらできないこと、生きているからできること、それを区分けして命を実感しようとしている。雨を知らせて蛙が鳴いている。夜が明けようとしている。灯りを消すと障子戸がうっすら明るく見える。今日は何をしようかと考えている。風を切ってサイクリングをしている自分をイメージして、にやりとしている。さぶろうが生きている。死なないで生きている。寝ている布団が温かい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トロッコが下りの坂道を下っ... | トップ | 寂しさが消えたかと思うとま... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL