<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

千手観音菩薩に遭いに

2016年11月07日 11時36分49秒 | Weblog

長崎市脇岬町にある「観音寺」を尋ねて行こうと思っています。自動車修理会社の待合室の本棚で旅の写真雑誌を見つけました。ここに巨大な「木像千手観音菩薩立像」があることを知りました。たちまち行ってみたくなりました。ネット検索もしてみました。いよいよ期待が高まります。これは平安時代末期の作らしい。毎月18日がご開帳。このお寺は野母崎半島近くの山の中の古刹のようです。ここにはお湯の出る宿もありますから2泊してゆっくりしたいと思います。一人では寂しいでしょうが、仏像鑑賞に付き合ってくれる人はいません。寂しく一人で行くつもりです。千手観音菩薩を見上げれば、しかし、寂しさなどは吹っ飛んでいくでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の千草の曲を口ずさむ | トップ | わたしは楽になった »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL