<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

君が待つ人現れよ

2017年07月30日 19時02分21秒 | Weblog

「きみを待つ人の一人よあらはれよあらわれよ」とぞ街角が云ふ      薬王華蔵

ブログの話題が乏しいので、それで昔に書いた我が短歌を記憶から引き寄せて投稿しています。上手下手を問うものではありません。書くための話題に出来ればそれでいいのです。短歌は31文字の中にいろいろなことが盛り込められます。恋の歌を取り上げていますが、この方が比較的明るいからです。恋をすべきだということは理解していますが、実行は全く伴っていません。まったくお粗末です。

回って行く街角がその都度おしゃべりをするわけではありませんが、味方をしていてくれそうな気もします。「あなたは人を待っているのでしょう? そのあなたのお目当ての一人が出現してくれることをわたしたちもこうして待ち望んでいます」街角が人格化されてわたしに問うて来る。回る度だから、「あらわれよ」を繰り返してその動静をそこに醸し出そうとしました。

「人は人を求めるために生きている」という信条は、わたしの場合は希望的観測なのですが、是はこうであった方がいいはずです。暗い生き方、人を拒否する生き方よりも明るい方向、人を迎え入れていく方向へ進むのがいいのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕方7時 腹が減ったなあ | トップ | 童謡には難しい理屈がない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL