<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

もうすぐ丑三つ時 やすみます

2017年04月19日 01時45分27秒 | Weblog

さあもうやすみましょうかね。そうしましょうかね、一人の部屋にいるから、一人二役をする。もうすぐ丑三つ時。

一人はおさみしくはありませんか。なになに、さみしくなんか。ひとりで寝るのはおさみしくはありませんか。ちいともちいとも。などとも対話するが、どこまで本当か。

あれこれすることがあって、まだ起きておられる方もおいでのようす。皆々さまも早いとこおやすみください。

眠りに就くまでお伽噺をしてもらった幼い頃が懐かしい。若い頃の男盛りの欲心の、夜伽の女身はずっと遠い遠い夢の中。さてこそ。このところ老爺が唱えるのは親鸞さまの浄土和讃。暗唱文が途切れるころにはスウスウ虫の息。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無用でいいところは無用でいい | トップ | きみはまだ夢見がちの幼児のよう »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL