<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

この世に出現している僕は誰かにそれを伝えなければならない

2017年07月14日 08時42分42秒 | Weblog

僕は生きている。息を吸い込んだり吐き出したりしている。腹部がその度に太ったり細くなったりしている。そこに手を当てて生きている僕を実感する。その実感という朝の食事がおいしい。

この世に出現している僕はこのことを誰かに伝えなければならないという義務感を起こす。誰なのだろう。誰なのだろう。はっきりさせておきたいが、はっきりとはならない。

分かっていることは、その誰かとはこの世に出現していない誰かということである。彼は今のところ別の世界を生きているはずである。僕は此処にいて息を吸い込んだり吐き出したりしている。僕はこの世を生きている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしはときにいなくなりわ... | トップ | ぶらりぶらり »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL