<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

これから崇福寺へ

2016年11月08日 09時56分00秒 | Weblog

曇り。これから長崎市鍛冶屋町にある崇福寺を訪ねてくる。ここは黄檗宗の寺。別名福州寺。大雄峯殿には釈迦如来座像が祀られている。この像の胎内からは銀製の五臓と布製の六腑が発見された。永遠に生きる仏陀の象徴である。1654年唐僧隠元がここへ来ている。隠元の高弟がここの住持を勤めた。キリスト教弾圧が強まっていた頃である。ここにキリスト教を信奉する人たちを匿ったのではないかと筆者は考えている。長崎大飢饉の折に粥を炊いたとされる大釜が残っているようだ。もともと寺は弱者を囲う場だったのではないかしらん。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宗教は倫理や国法に背いている | トップ | 人が人を好きになったらそれ... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL