<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

わたしはときにいなくなりわたしはときに現れる

2017年07月14日 08時19分21秒 | Weblog

種を蒔いて育てている茄子。植え替えてあげて、いまやっと15cmほどになった。葉っぱが4枚。茎をはみ出して東西南北に広がっている。黄緑色。やや緑が濃い。周りの雑草に囲まれている。

僕が今朝になっていきなり驚いているのは倍率。小さな小さな種からするとその拡大倍率は千倍万倍にも達している。元を辿れば芥子粒ほどの大きさだったはずなのに。収縮が膨張に転じている。

さて、どっちがほんとうの姿なのだろうかという疑問にぶつかる。茄子が実をつけた時点が、収縮点。1mに育ち上がった時点が、膨張点。世界もまたこのようにして収縮と膨張を繰り返している。

わたしもそう。生まれて膨張を辿り、死んで収縮へ向かう。その運動を繰り返している。宇宙もそう。思考の宇宙もそう。わたしはときにいなくなり、わたしはときに現れる。見えなくなったり、見えるように拡大膨張したりする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰依しないでいられたことは... | トップ | この世に出現している僕は誰... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL