緑とともに・・・・

小田原市にある有限会社小田原植木のBlogです
 http://www.odawaraueki.co.jp/

墨田の花火

2017年06月24日 | Weblog
花火が上がると、その見事な美しさに「タマヤ」「カギヤ」と花火師の屋号を呼んで褒め称えたりします。
日本の花火文化はそれはそれは素晴らしいものです。



徳川10代将軍の時にはすでに両国の大橋の上で花火を見るのがステータスでして、今のように早い時間から橋の上で場所取りをする者もいますし、なんて言っても天下の往来。街中で仕事をする職人さんもこの日は花火に間に合わせて家に帰り家族総出でこの一番のスポットに向かい、仕事が遅くなればなるほど橋の上を歩けるところは狭くなって行きます。
ある桶屋職人は仕事が遅くなり橋にかかった時にはもう身動きが取れないほどの人混み。『弱っちまったなぁ、かかぁや坊主と花火見に行くって約束しちまったもののこれじゃ帰れねぇ」
「おぃ、ちょっとごめんよ」声をかけながら橋の中に入っていきます。

都合が悪いことに向こうから馬に乗り従者が手綱を引いたお侍さん。「ええぃどけぃ」
と言ったところで橋の上はいっぱいの人。どけって言われても退く場所すらありません。
強引にわたる桶屋職人とお侍。橋の真ん中でちょうどばったり会い、桶屋職人がよけようとした瞬間に道具箱を落として、その中から丸めてあった竹の箍(たが)がはじけてお侍の笠をパーンと飛ばしてしまいます。

怒ったお侍 「えーいそこへ直れ、手打ちにしてくれる」といきりだちます。
桶屋職人も必死に謝り、周りの花火観客も許しを願いますが、侍はそれを許さず、とうとう桶屋職人も「やるならやりあがれ、でもただじゃ死なねぇ」と開き直ります。が、時代は徳川10代将軍の頃。もう戦などなく、けいこも励んでいなく武器の手入れもしていない中、供もやられ、侍も供の刀で首をスパーン、と切られるとその生首は空高く舞い上がり「箍(たが)や~」

おあとが宜しいようで…。






という落語。町人階級の侍に対するレジスタンスの傑作、花火の見事な出来栄えの玉屋とお侍の首を打ち上げたこの落語のヒーロー箍屋とをかけております、江戸っ子気質の落語で平成の御世に生きる僕ら庶民のたまったストレスを発散させてくれるものでもあります。
今で言えばさしずめ、前川前次官とか豊田氏の政策秘書と言った感じかもしれませんが、これじゃあ掛け声を言っている間に花火が終わっちゃいます。それに何だか歌舞伎役者みたいです^_^;



話がそれました。
ガクアジサイ・墨田の花火。心星の周りに開く親星の美しさを表現したものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただ今研修中(4)

2017年06月19日 | Weblog
箱根植木さまの研修は前半3人に引き続き後半も2人の方を受け入れらせて頂いております。

紀元前10世紀にコヘレトと言う人が「何事にも時がある(中略)植える時、植えたものを抜く時」と語っております。そして、強いものが必ず勝つのではなく、(大きな力に寄り添って)時をしっかりと見極める事こそ勝てるのだと語っています。私たちの生業のような格言、「植える時、植えたものを抜く時」と言う言葉は季節を意味しているのかもしれませんが、でもそれだけでなく「たまたま」その日であったりもします。確かに人生には「運」と言うどうしようもないものも存在している事は確かです。それには逆らえません。
前半の3人の時期から半月が過ぎ、後半のメンバーさんの携わって頂く仕事は多岐にわたってで、コヘレトに言わせれば「いい時」が与えられたのかもしれません。

この日も、高さ5m弱、重さも1t弱のモミジの出荷作業に携わって頂きました。これだけの大きな樹木を出すには、まずトラックの巾より細く枝を絞ることから始めます。
そのための準備で根を巻いた樹木を作業しやすいところに移動します。でもそれだけでも大変です。





そして枝折り









樹木のサイズを測定し







トラックに積み込みます。この時もクレーンの誘導等の重大な作業があります。







はい皆さんのお力で無事に出荷作業完了です。お疲れ様です。


さて、今日のこうした作業ができる「なにごとにも時」が与えられたのも、学校の学び時があったからでしょう。その中で何かピン!と来るものがあって箱根植木さまにご就職をされたと思っています。
お二人も農業系の学舎で4年の時を過ごしましたので、ちょっとお話を聞いてみました。
「大学生活の中での思い出は?」

ブルーのシャツを着たMさん

大学1年生の実習で北海道八雲町にある実習林に訪れました。それをきっかけにインターンシップで2週間 役場、森林組合の方々の協力のもと様々な体験をさせていただきました。
その後も大学3年生の時には、1ヵ月間のホタテの耳吊り体験、4年生では八雲町での木育活動を卒業研究の題材にし、計4回木育イベントを開催しました。役場の方、森林組合の方、町民の方等多くの方にお世話になり、大学4年間で貴重な体験をさせていただきました。


グレーのシャツのIさん

大学を卒業して随分経ちますが、今でも覚えているのは部活のことです。在学当時は空手道部に所属しており通常の稽古に加えて年間行事として色々なイベントをやっていました。中には空手に直接は関係無いような事もあり、スキー旅行の幹事をしたり、学祭の屋台で焼きうどんを焼いたり、田子の浦(海抜0メートル)から富士山の頂上へ日本最古の修験道を3日間かけて自分の足だけで登ったり、大食いイベントでひたすら饅頭を食べたりしていました。
その中でどれが一番のエピソード、というのは決めづらいのですが、関わった人数の大きさで言えば部の創立60周年の記念式典を執り行ったことでしょうか。式典の一年前から準備を始め、当日はホテルの会場を借りて式典を行い、当時の現役部員に加えて100名程のOB・OGの方をお招きしました。中には創立当時の部員として80を越えるようなお年の方もいらっしゃり、当時学生だった自分は主催側として非常に緊張したことを覚えています。最終的には大きな失敗なく終了することができましたが、この式典を通じて一つの物事を行うのにも多くの人が関わり、準備や根回しが必要なことを学びました。いい経験をさせてもらったと思っています。



いろいろな経験を経て箱根植木さまにお勤めになられ、そして「定められた時」が与えられて必然的に弊社にお越しになられたのでしょう。記事を頂いて、大学生のころから来るべくしてお越しになられる方だったんだなんぁとしみじみ。
このご縁を大切にしたいと思います。せっかくお越しになられたのですから、今暫くの研修をどうぞ楽しんで色々なことを吸収してください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒトが重要!

2017年06月14日 | Weblog
今月は内勤の僕もお客様が多く有意義な時間を過ごしています。
1つは、Win10機に何台かを変更せざるを得なく、それに伴いゼロックスのBeatやIBMのP-Com、またはNewWorkFriendが64Bitで使えなくなるのでSmartBIの導入と、久々にITの事で時間を取って、それはまた新鮮な時です。
そして今日は、ミツイワさまが来社。
ここの営業さんとの会話が楽しいのは、多くが僕が求めているレベルまでとか発想の中レベルの会話なのに比べて、ここの方は僕の思いもしなかった提案をしてくれるんです。

今日も



IT機材のパフォーマンスを上げるためには、結局ヒトが重要なんです。 と言うご案内の店舗販売のEXPOでの提案。
植木じゃない話、店舗販売なんて当社ではしていないじゃん、と言ったらそこでTheEND。
そんな関係のない話から、大いに盛り上がる雑談から、いつもいつも発想が飛び出してきます。ヒントを頂けるのです。
で、最後はそうだよね、やはりヒトだよね。とあたりまえなことあえに落ち着きますが、そのプロセスは大事。
東大より京大の方がノーベル賞を受ける人が多いことにとある方が、東大のある東京は平地で居酒屋などの店舗も多い、だからどうしても○○学部御用達のお店に集まり専門の話を深く突っ込んで話すけれど、京大のある京都は盆地。狭いエリアに大きなお寺、どうしても学生さん御用達のお店は数が限られ、物理も生物も哲学も日本史も古代コプト語の専攻者もみんなそこで飲むから浅くでも色々な知識が身につく。そこに想像の翼が広がるからノーベル賞のようなユニークな発想が生まれるのだ! と。

ヒトが街を作り、そこに住む。そのヒトが喜ぶような公園や街路樹をつくる。その材料をご提供するのが弊社で、PRするのがこのBlog。文字面だけのヒトが重要ではなく、共に楽しめる街づくりに寄与できる幸せを探りたいものです。
さてこのヒトと言う2文字から何を想像し、どういう展開にしていくのか? 自分の想像の翼をどう広げていくのか? いいご提案の言葉を頂きました。僕はどこまで想像の翼を広げられるかな?植木屋らしからぬ発想を探り出せるかな?

頂いた店舗販促EXPOの招待券、平日なので伺える可能性は高くありません。もしBlogをご覧の方でご興味ありましたらご連絡ください。
そしてEXPO内で思い切り想像の翼広げてきてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木漏れ日の美しさ

2017年06月10日 | Weblog
初夏の日差し。
圃場に行くのが楽しいシーズンです。







葉が透けて薄い緑に輝く木々が大好きです。
何できれいなんだろう…?

それはきっと太陽の力強い光を感じられるからでしょう。何事にも負けない一途に僕らを照らしてくれる力強さ。
そして、そんなギラギラと力強く暑い日の光を身を以て防いでくれる母親のような優しさ。何も言葉にせず静かに微笑みながらそんな強さから僕らを守ってくれるのを木の下で感じます。木陰でホッとするのはそんな優しさを感じるからかもしれません。
二つの相反するあこがれを身近に感じられるのが夏の圃場です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロフェッショナル仕事の流儀

2017年06月02日 | Weblog
少し私事も含まれますが、6月5日22時25分からのNHKプロフェッショナル仕事の流儀 では、樹木という側面だけではなく、観光資源としてのさくらを守る樹木医がクローズアップされます。


https://www.nhk.or.jp/professional/schedule/

当初書いた私事というのは、そのクローズアップされるのは弊社従業員の友人でもあります。二人とも畑違いの農芸化学という学問の場(同じ研究室)にいながらどういう訳か土いじりの毎日をしています。
まぁ、片やTVでクローズアップされる大物になりましたが(笑)

さくらを守る闘いどうぞご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただ今研修中(卒業試験?)

2017年06月02日 | Weblog
あっという間の3週間でした。お疲れ様でした。
最後に自分たちだけで作業をして確認をしてもらいましょう。











はい、よくできました。お疲れ様でした。
会社に戻られても小田原の事を忘れないでね。
これからも顔晴ってください\(^o^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただ今研修中(2)

2017年06月02日 | Weblog
引き続き研修生をご紹介しましょう。

甲子園球児そして松葉緑をスクールシンボルカラーにしている学校でも野球をされていた漢がバットを鋏に持ち替えてやってきました。



小田原植木さんに研修で来たTです。
茨城県出身です。

茨城県は魅力のない県でワーストの方ですがたくさんの自然とたくさんの人々の愛で溢れている県だと思ってます。
そんな茨城県に皆さんも足を運んで頂けたらと思っています。

また研修で小田原植木さんに来て2週間が経ち残り少なくなってしまいました。

皆さんの知識や知恵の豊富さ、人柄の良さ。
この2週間ちょっとではありますがたくさんのことを学ぶことが出来ています。

本当に社長さんを始め、皆さんの連携が良く、毎日充実したお仕事をさせて頂いています。

本当に素晴らしい会社に研修へ行かせて頂いた自分の会社。
また、研修で来た私達のためにたくさんのことを教えてくれ、泥まみれになりながらも指導してくださる小田原植木さんの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

残り3日間という短い時間になってしまいました。
寂しい気持ちもありますが最後まで皆さんの知識や知恵を学び、一生懸命頑張ります。




この小田原も古代から人が住んで村を作り生きてきた歴史がありますが、茨城も同じです。雄大な淡水湖と程遠くない資源の宝庫の海、ここでは黒潮と親潮がぶつかり様々な魚が取れることは有名です。
大きな古墳がたくさんあるのも小田原との共通。
古くからの景勝地偕楽園は小田原曽我と同じ梅の名所。
でも茨城にあって小田原にないものは、なんて言っても、稀勢の里関に次いで高安関と言う時代の寵児。乗りに乗っていますもんね。

あっそうそう、下記トピックスの魚も大半は彼の釣りの成果です(^^)/



今回の3人は、2人ずつ共通点がありました。
ふるさとが一緒、大学が一緒、性別が一緒。そしてどれも1人は別でしたが、そのべったりではない関係がとてもよかったのかな、と感じました。
うまく連帯を取りながらの3週間を過ごされたように身受けました。
お越し頂きありがとう。お交わりに感謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の海の幸

2017年05月31日 | Weblog
会社の仲間が出勤前に釣ってきた成果。
またビチビチと動いています。
わかしです。ぶりの稚魚です。

仕事柄、山の話題が多いですが、小田原は海も広がっています。
かまぼこ・塩辛・ひものと言った海の幸のお土産も有名な場所。

そんな海の幸の話題でした。



早起きは三文の徳…得だと思っていましたが徳なんですね。単なる物理的な損得ではなく良い一日を過ごせる精神的なものもあるのでしょう。
週の半ば、笑顔の一日を過ごしたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただ今研修中(1)

2017年05月29日 | Weblog
凶悪な事件が起こり、マスコミはその容疑者宅の周辺の方への取材がはじまります。
「どんな方だったのでしょう?」という問いかけに「さあねぇ、よくわからない」という回答をよく聞きます。
Blog担当者の子どもの頃から「かぎっ子」という言葉が生まれましたが、それでも近所の人は一人で親の帰りを待つ子どもに対して、「おやつ食べに来ない?」などと気をかけていたのを思い出します。
が、時代とともにそうした近所づきあいは希薄の一途をたどり、上記のような「隣は何をする人ぞ」という関係になって行きます。
なんだかなぁ~、と漠然と思っている最中、箱根植木さまがお客様をお連れしてBBQにお越しになられました
世間をよく知らない私としては、画期的なイヴェントでなおかつ感嘆に値するものでした。
こうしたアフターケアーは、マンション内のお互いも、そして施主さんとユーザーさんの関係も良好に構築されると思うのです。

前置きが長くなりましたが、そんな箱根植木さまの新入社員の方が研修に参りました。
箱根植木さまがそうであるように、箱根植木さまと弊社の関係も信頼豊かなものになりたいものです。信頼を築くためにはお互いを知ること。
まずはそんな若者を育んだふるさと自慢をしながら自己紹介してもらいました。




「 研修で参りましたTです!
出身は熊本のど田舎です。実家はステビアを使った甘いみかんを栽培しています!小さい頃はよくクマ蝉の抜け殻を集めて踏んづける遊びをしていました!
研修ではとても貴重ないろんなことに挑戦させて頂いております。この業界の大変さや楽しさ、喜びを実際に味わえることができるので本当に小田原植木に研修に来られて良かったと実感しております!」





研修で参りました、Iです。
茨城県出身です。
魅力度ランキングが最下位なので、少しだけPRします!笑

牛久大仏という、世界で3番目に高い像があります。
この牛久大仏、実は、大晦日の夜には7色に光るんです!
カラフルにライトアップされた大仏とカウントダウンと共に打ち上げられる花火で新年を迎えるのはとても新鮮で面白いですよ!もし機会があればぜひいらして下さい!

また、最近話題の稀勢の里の出身地でもあります。
さらには、朝ドラ「ひよっこ」の舞台でもあり、最近ノッてる茨城、ぜひ遊びに来てください!

残りの1週間もよろしくお願いします!!


生まれた地域も学校もそれぞれですが、ご縁あって弊社にお越しくださいました。ありがとうございます。
無粋な地方都市の小さな会社ですが、植木生産の前提の、道具の整備や、水くれ、草取り、そうした縁の下の力持ちの作業も十分体験して、生命を扱う事を従業員と一緒にがんばって頂いております。
慣れない作業で体もきついでしょうけれど環ばってください(^^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホッと一息

2017年05月16日 | Weblog
弊社最寄のCVSが閉店する運びになりました。
コンビニの撤収は男女問わず大きな問題ですが、特に外仕事の男所帯、コンビニの利用率は極めて高く、まぁ祝日の弁当は少し遠くにでも買いに行くのは致し方ないですが、飲み物に関しては短い休み時間出来れば時間をかけたくないもの。
そんな訳で



ジャジャーン!!
自販機設置です。

しかも価格は



驚きのプライス。
もちろん従業員だけではなく、集荷や配達で弊社を訪れて頂いた方にもご利用いただければと思っております。

今設置が終わったばかりの弊社最新情報でした(^^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加