緑とともに・・・・

小田原市にある有限会社小田原植木のBlogです
 http://www.odawaraueki.co.jp/

曼珠沙華越しの秋の空

2016年09月26日 | Weblog
現金なもので・・・
週末は悪天候のもとでの作業への嘆き節でしたが、今日は一転爽やかな陽気のもとで仕事がはかどりました。



真っ赤な曼珠沙華越しの晴天が気持ちいいです。

今日も週末に次いで大木の掘り取り。
重機の予約をしていたので晴れてよかったです。



広角で撮ると植木が小さく映りますが、これでも高さ11m、重量7tあります。



弊社の植木畑に隣接している瀬戸建設さまの資材置き場をご厚意でお借りできたのでここで作業をし、ここでトラックに乗せられます。瀬戸建設さまありがとうございます。大変に助かりました。





トラックの車幅に合うまで枝を絞ります。弱すぎればトラックからはみ出してしまいますし、強すぎれば幹が折れて商品価値が無くなります。ここが植木屋の腕の見せ所です。
暗くなるまでにトラックに積めるように皆で頑張っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○○殺すにゃ刃物は要らぬ 雨の三日も降ればよい

2016年09月24日 | Weblog
そんな嘆き節。ところがこの9月は3日どころか25日中22日も雨。
あちこちの記録的な大雨の被害はない小田原でも仕事が進まず困ってしまいます。
まずは北海道や東北をはじめとする被災地の皆さんに心からお見舞い申し上げます。
「地球温暖化」は言葉だけが独り歩きし、フクイチ原発事故の直後の半年は、計画停電もあり
省エネを呼び掛けて実施していましたが、原発を稼働しなくても十分に電機は供給されることが
分かったその翌年からは省エネも緩和してしまったような気がします。

それでも今年のように太平洋上に大きな高気圧があり、中国大陸の上にも冷たい高気圧がある・・・・、
つまりは太平洋がエルニーニョなんだと実感する天気地図を見ると、そしてそれに起因する長雨が
仕事を脅かすと省エネと言う言葉が頭をよぎります。

今日も天気予報が外れ突然強い雨が降るような雨の1日を過ごしています。あまりの雨に写真も
煙ってしまいます。




それでも「(雨に)殺されないように」雨の中でも合羽を着て仕事に励んでおります。



箱根のお客様がこの植木の到着を首を長くしてお待ちです。お客様の笑顔を糧に頑張ります。



でも、大変なのは植木屋よりも米農家の皆さんかもしれません。実っても乾かないので刈り取れない
苦悩の毎日かと思います。
お互い頑張りましょうね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミモザの生涯

2016年09月22日 | Weblog
孫が生まれた時の記念植栽のミモザがね、去年まではいっぱい花が咲いたのに突然枯れちゃったのよ。
そんなお問い合わせがありました。



ミモザはあまり土質の良くないところでも育つ樹木。それが大事に育てすぎて栄養豊富で、樹木の成長する能力
に樹木自身が追いつかずに枯れてしまったのだと思います。せっかくの記念なのに申し訳ないことをしましたが、
しかし人生を考えた時、ミモザのような人生を過ごせたら幸せなんでしょうね。



僕らが日ごろよく耳にする言葉「タレント」。アイドルや芸能人を指し示す言葉ですが、この言葉は能力・
才能と言う意味で、もともとはキリスト教の経典[新約聖書]の時代のお金の単位「タラントン」だったそうです。
たくさんのお金を集められるのは能力と言うところから時代の中で意味が変化して行ったのでしょう。

そんな聖書の中に、主人からお金を預かった人がその能力を駆使して倍にした人と、能力を出し惜しみして
(失敗を恐れて)使わなかった人の話が載っています。
主人は倍になったからではなく自分の能力を駆使したことを喜び、能力を使わなかった人に預けた分まで
その人に預けるようになった、と言う話が載っています。全身全霊をかけて、とか、能力の限りを尽くす、
とか言う言葉がありますが、ミモザの短くとも太く生き切った姿に主人から喜ばれた家臣の姿がオーバー
ラップします。

人生一番の生き甲斐は喜びあふれる毎日を過ごせることでしょう。喜びあふれるというのは、ただ楽しい
のではなく、きっとそこに誰かの役に立っていることを実感できることだと思うのです。
家族や周囲の知人・友人の愛情たっぷりと言う肥料をもらって、自分の能力を超える働きが出来たなら・・・。
自分ができること以上の力で誰かのお役にたち切って最期の時を迎えられる。神様に「頑張ったね、さぁ
私のもとにお戻りなさい」と天国に凱旋できるとしたらきっと幸せな人生だと思います。
件のミモザの木は短かったかもしれませんが全力で毎年美しい花を咲かせて周囲の人を喜ばせました。

ミモザの木のように、周囲の愛の中で精一杯生き甲斐を全うできるように、また新しいミモザを送ります。
その木を見て豊かな愛情とそれに培った生き甲斐豊かな人生目標を築いてほしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティア時代の緑のまちづくり

2016年09月01日 | Weblog
弊社は45期が始まりました。まずは44年の間のご愛顧とご鞭撻を感謝申し上げます。

そんな45年目の最初のBlogは、弊社社長の同級生でもある進士五十八氏の著書のご紹介から。

「ボランティア時代の緑のまちづくり」と題した本で東京農大出版会から出版されています。(アマゾン等の
通販などでも取り扱っています)



タイトルのボランティア時代と記しているように、この21世紀以降のまちづくりについて書いています。
1867年に資本論が発行される頃まで世の中はきちんとした「物の価格」はなく、その場その場での交渉で
売買が成立していました。つまりは言い負かすものが言い負かされるものから暴利をむさぼりました。が、そ
こに「通貨」と言う誰にでも公平でわかりやすい売買の道具が出てきました。公平でわかりやすいというキー
ワードは世の中に浸透できるものです。「文化的」な資本社会はあっという間に世界中に広がりました。
しかし、そうした中でも、汗をかかずに儲けようという人も出てきて、素晴らしいはずの資本主義も「金・金
・金」という形が鼻に着くようになります。

進士氏は、冒頭トーマス・リコーナ氏の「人生の目標は三つある」一つは、自身の成熟。二つ目は社会が「愛」
ある関係であるようにしていくこと。三つ目はそのための社会貢献だ、と言っていると書いています。
そんなことはない。俺の人生目標は「金持ちになって億ションの最上階の自分の部屋でうまい酒とうまい飯を
食うこと」とか「株で大儲けして遊んで暮らすこと」とかいう人もいるでしょうけれど、進士氏はわざわざ
トーマス・リコー氏の言葉を使用し、なおかつタイトルの言葉の通り21世紀のボランティア時代は、そうした
資本主義に甘んじて私欲を肥やす時代ではなくなってくることを書いています。一人勝ちの楽しさはふっと我に
返る時むなしさに襲われるのは、イギリスの文豪ディケンズが「クリスマスキャロル」の中で描いています。
物質的な豊かさよりも精神的な豊かさを追い求める時代へ変革するのが21世紀なのかもしれません。
少し哲学的に「なぜ自分は生まれてきたのか?」少し宗教的に「隣人愛とは何か?」こうした人の生き方が問わ
れていく時代になっていくのだと思います。

さて、人は一人では生きていかれません。集落ができ、そしてそれは町になります。
21世紀、ボランティア時代にそんな街をどう築いていくか?

弊社のキャッチフレーズは「緑と共に地域の発展を!!」です。そんなボランティア時代と言われる時代に、
緑を取り扱うものとして何をどうご提案するのか?プロフェッショナルとして少しだけ先を見越しながらこの一
年を歩んでいきたいと思います。
人間性の豊かな街とは何か?大きなテーマです。そんな街づくりに植木屋はどう関わるか?学びの一年となりま
す、引き続きご鞭撻ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わり

2016年08月27日 | Weblog
子どもたちは今頃は夏休みの宿題のラストスパート…のころでしょうか?
でも、半世紀前の僕らの子どもの頃の宿題とはだいぶ様変わりをしているようですね。
僕はこの時期は超大作の絵を描くことと読書感想文に追われていました(笑)
2学期最初に間に合わないと半泣きしながら読む本の内容なんて頭に入るわけなく苦労をしました。

そんな夏の終わりは、確かに家を一歩外に出ればよくわかります。




特に今年は8月の終わりに台風が立て続けにきたので、入道雲が広がって、ではなく、
秋雨による通り雨。



雨上がりはなんだか涼しい風が…。
夏の終わりだなぁ~なんて思いながら、ふっと8月決算である弊社の1年を振り返ります。
どうだったのだろう?なんて振り返るといいお話よりも厳しい1年だったことが頭をよぎります。

でも、「終わり」と言うとなんだか後ろ向き。



田んぼの稲は順調に実を充実させ、



栗の木はいつの間にか緑のイガが茶色く変わりました。

昔受験生だったころ、伸び悩んだ時期に、努力は樽の中に水を入れるようなもの、だと言われたことが
あります。外から見えないので樽の中に水が溜まっていくことが分からないので、とかく焦れてしまい
努力をやめてしまうかもしれないけれど、努力は頑張り切って樽から水が外に溢れ出してから、ああ
頑張ったのだとわかる、と言う内容でした。

稲も夏には青々とだけしていたし、イガの栗も若く硬かったです。それがふっと気がつけば「もうGoal
はすぐそこじゃないか!」と言うところまで来ました。
夏の終わりは実りの秋の始まりです。
つまり夏休みの終わりは楽しい2学期の始まりで、小田原植木44期の終わりは未来輝く45期の始まりに
つながります。…であればいいな、と思いながら、新しい期に向かってラストスパートをかけます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吹かし直し(原木再生)

2016年08月17日 | Weblog
植木は植えておけば売れていくものではありません。
お客様のニーズにあわないと置いておく間にどんどん大きくなりますますニーズとかけ離れてしまいます。
そうした時は思い切って吹かし直し(原木再生)作業をします。

もう一度裸の状態にして需要にあいそうな枝ぶりの樹木に変えていきます。
本来は春にする作業ですが、なんだかんだと忙しくこの時期になりました。



諏訪の原圃場は、大径木の植木畑。うっそうとしている畑をぬけると、今はなんだか異次元の荒野のようなところにあたります。クスノキを吹かし直しています。
夏場の作業になってしまったので、幹には日焼けをさせないように養生をします。



人間でも植木でも、暑さや寒さの厳しい時、また体調不良(この場合は大胆に枝葉を取り除かれた時)は、人一倍気をかけてあげないといけません。

そして来年再来年になってお客様のご満足するような樹形のクスの林になってくれるように社員一同愛情を注いでいきたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みのお願い

2016年07月30日 | Weblog
梅雨明け宣言は出ていませんが、ここ2,3日急に真夏のような暑さになりました。
事務所の冷房は28℃に設定していますが、それでも外から入ってくるとひんやり爽やかぁ~。

さて、猛暑の予想も出ているこの夏、弊社では下記のようにお休みを頂きます。
お客様各位におかれましては、何かとご不便をおかけしますがご寛容頂きますようお願い申し上げます。

また、樹木もこのような陽気で疲れやすくなっています。密なる連絡で樹木に負担をかけることを最小限に
したいと思っておりますので、おくみ上げの上ご協力をお願いいたします。





赤く塗りつぶしているところがお休みとなります。よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みのイヴェント

2016年07月30日 | Weblog
お家をお買いになる時にお客様が重要視するのは、価格や利便、部屋の間取りもさながら
住宅の周辺の緑、そして施工者様との信頼関係は大きなポイントになるのではないでしょ
うか?

今日は恒例となりました横浜高島台にある123戸のマンションB の住民の皆さんの親睦
バーベキュー。プロデュースしてくれるのは上高井戸にある箱根植木さま。
このマンションBの設計に際して弊社の植木をマンション周辺に使って頂き、入居の皆様
を植木の産地として弊社にお連れ頂いたのがきっかけで、それから毎年私ども久野に夏休
みの一日イヴェントとしてお越し頂いています。
高島台と言う土地柄、首都圏の奥座敷のような久野の大自然はなかなか周囲になく、好評
をいただいていると、今年もお客様到着1時間前から箱根植木さまははりきって準備を始
められています。



幸いにも夏休みを楽しむには絶好のお天気。



本来なら、弊社圃場から森林の中をお歩きいただき、時には川をじゃぶじゃぶと渡って頂き、作
り物ではない本物の大自然を味わって頂こうという趣旨でしたが、途中の事故渋滞で割愛。
直接峯自然園さんにお邪魔します。



この施設はすぐ横を久野川の源流が流れており、



子どもたちは早速川遊び。



箱根植木さまとマンションのお客様と一緒にバーベキューの準備をしながら雑談Time。こういう時は
「わざわざ電話するほどでもないけれど」と言ったことまで相談しやすくなるものです。
こうした時間は大事なものだと思います。





「おーい、焼けたぞ~」と言う声が聞こえれば子どもたちも川から上がり美味しいバーベキュー。







夏休みの一日充分ご堪能いただけましたでしょうか?
また来年もぜひお越しくださいますよう従業員、そして久野の住人として心よりお待ち申しております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大変失礼いたしました

2016年07月26日 | Weblog
FAX木の交換が終わりましたら、BlogとFacebookの方に終わった旨の連絡を記します、と伝えておきながら
「おわった!」と安ど感でお伝えするのをすっかり忘れました。
お客様各位には大変ご迷惑をおかけいたしましたが、FAXにおいても連絡が取れるようになりました。

また引き続きご愛顧くださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月26日 FAXの交換を致します

2016年07月25日 | Weblog
いつもお世話になっております、小田原植木でございます。
突然で大変申し訳ございませんが、明日

7月26日(火)10:00-13:00(予定)

の間、FAXの送受信ならびにpdf化した資料の送付ができなくなります。
お客様各位にはご迷惑をおかけしますが、ご寛容の上、しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
また、e-mailに関しましては平常通り使用できます。お急ぎの方はお手数ですがメールでのご連絡をお願い申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加