むぎわらぼうし通信。筑波農場の常陸小田米づくり。

(株)筑波農場の社長です。
常陸小田米の生産と農業ブランドへの取組みや政治活動報告します。

大豆の種まき作業が続いています。

2017年07月11日 | 農作業

天気が続き、圃場の条件が良くなるとロータリー砕土や種まきが忙しくなります

JD5100+バーチカルハローシーダーで種まきしました。播種床も適度な鎮圧で、発芽率が、高いことを期待している

「バーチカルハロー」は、ロータリーティラーと異なりナイフが縦を軸に回転するので、土中に鋤き込んだ有機資材を表に出さないので、反転耕の後の砕土に最適とされる機械です

10アール当たり4~5キロほど撒いています 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父が他界し4年が経ちました。 | トップ | つくば市担い手育成総合支援... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL