むぎわらぼうし通信。筑波農場の常陸小田米づくり。

(株)筑波農場の社長です。
常陸小田米の生産と農業ブランドへの取組みや政治活動報告します。

台湾にて、米事情の調査しました。

2017年05月16日 | 自分のこと

海外に行くと必ず調査するのが職業柄、米事情についてで時間を作り見てきました

必ず行くのがコンビニで、その国や地域の特色を具材で感じることが出来る沖縄のポーク玉子に似たものが多く感じた。

デパ地下の食料品売り場の米コーナーはこんな感じで、全体の半分以上を日本産が占める状況です

価格帯は、㎏当たり約250円から450円。日本と大きな差は感じないが、真空パック包装が高級な商品のイメージがある。

数店舗の販売先を回ったが、価格帯は同様でした

有機米や無農薬と言った商品は真空が多い。インディカ種よりジャポニカ種の方が、普通に食されている様子でした

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾に行ってきます。 | トップ | 台湾の交通事情について調査。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL