むぎわらぼうし通信。筑波農場の常陸小田米づくり。

(株)筑波農場の社長です。
常陸小田米の生産と農業ブランドへの取組みや政治活動報告します。

籾摺り作業と玄米色彩選別機について。

2016年09月18日 | 農作業

籾摺り作業はサタケ製の8インチで全自動で作業をしています

1日約400袋~500袋処理しています今年は収量コンバインの導入で圃場ごとの収穫量がわかります。総収穫量の見当すると、昨年より平均単収減になる予想ですね

サタケ製の玄米色彩選別機、ピカ選で選別しカメムシ、ヤケ米、籾、異物、青未熟、乳白を抜いて品質向上

こちらが、被害粒や青未熟を抜いた米ですカラーカメラで検出し、エアーで吹き飛ばし素早く正確に選別する機械の性能にただただ驚くばかりです

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域の要望で排水路の対応い... | トップ | 能に親しむ会に行ってきました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農作業」カテゴリの最新記事