むぎわらぼうし通信。筑波農場の常陸小田米づくり。

(株)筑波農場の社長です。
常陸小田米の生産と農業ブランドへの取組みや政治活動報告します。

国産米粉麺の生フォーを食べてきました。

2017年01月30日 | 筑波山縁むすび

札幌で以前から気になっている、ネット上でも高評価のベトナム料理店にてランチ最近、完全に食べ物ブログになっている

 蘭越町の「ゆきひかり」を70%精米した生米麺を利用したベトナム料理店でした

あっさり蒸し鶏のフォー700円をいただいた

やっぱり、思ったとおり一般的なフォーと味も食感も全然違う歯ごたえも味も喉越しもとても良かった。

小麦は米と比べ加工に容易で活用されている。米は原材料が麦より高い上に、粉にする為に加工するとさらに価格は高くなる。米消費が低迷する中で、生産調整の政策により主食用米以外の転作作物を助成(麦・小麦・大豆・飼料用米)してきたが、米を加工する製粉や製麺などに助成や補助をして、小麦利用を主とした食の欧米化から米文化にするべきと考えている。

日本から稲作文化が無くなると自然環境も含め大変なことになると危惧している

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気のおにぎり店にも行って... | トップ | コーンズAG本社に行ってきま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

筑波山縁むすび」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL