むぎわらぼうし通信。筑波農場の常陸小田米づくり。

(株)筑波農場の社長です。
常陸小田米の生産と農業ブランドへの取組みや政治活動報告します。

小田堰の改修要望で市長のところに伺いました。

2017年07月13日 | 政治

桜川にある小田堰から水中ポンプアップと霞ヶ浦用水により330ヘクタールの水田は作付けが成り立っている

水を汲み上げる為の電気代の高騰や維持管理費や対応年数など現状を維持するにも課題は多い。筑波土地改良区の役員皆で五十嵐市長に要望に伺いました

市長からも課題解消に向けてご助言いただきました。今後、バルーン堰の更新も大きな課題となりそうだ

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大形屋にて昼食はいかがですか? | トップ | 筑波山縁むすび本日も元気に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL