むぎわらぼうし通信。筑波農場の常陸小田米づくり。

(株)筑波農場の社長です。
常陸小田米の生産と農業ブランドへの取組みや政治活動報告します。

光による障害があります。

2017年08月13日 | 農作業

当農場付近には、自転車専用道路※(りんりんロード)が通ってます広い水田地帯の中を通っていて、子供たちの通学路として活用されており、防犯灯の設置に向け活動しています。

農作物の夜間照明の害から守り、通学路の安全を確保する方法を考えなくては・・・

写真でわかりますか防犯灯の光が当たる部分の生育が遅れます。イネは穂を出すときに「日照時間が短くなること」が非常に大切で、防犯灯の 灯りがイネの生育や結実を遅らせてしまうことがあります

ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筑波山にあった銭湯の噂。 | トップ | 橋本まさる選挙事務所の看板... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL