多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

治る事が怖い人たち

2017-08-13 10:30:50 | 発達凸凹
「発達障害、治るが勝ち!」の中に、


「治る事が怖い人」というのが出てきて、


不思議に思ったが、今まで 出会った人や、その他の場所で


見聞きした事を 思い出してみると、


確かに「治る事=自分が無くなる、別人になる」と


思っている人も いる。


自分、を定義する中に、「発達障害者」の観念が 強く根付いている人には、


「発達障害で無くなる自分」というのは 想像するだけでも こわいかもしれない。



発達障害である自分の 特性の中のいいものを探し、それこそが 自分の良さだ、と


思うことは 別に 悪くはないが、発達障害が治ると 自分は


別人になってしまうのではないか、と思うのはなぜだろうか。


私も あちこちに出向くと、初対面の人に会う。


「どういう方ですか?」と 尋ねられても、


何の肩書もないし、仕事も 会社を構えているわけでも


事務所を持っているわけでもないので、


「ただの 主婦です」と 答えると 当惑される方も少なくない。


「名刺をいただけますか」と 言われても、持っていないので、


頂くだけである。


皆さん 「私はOOです」という時に


自分で 自分を 「こう語りたい」という 信念を持ってらっしゃるので、


何かしら 所属やら 仕事の上での特徴やら、


「OOさんの 知り合いです」やら、様々な 自己アピールをされる。


発達障害が治るのが怖い、という人は 「私は 発達障害者である」という言葉を


使わずに、自己表現することが怖いのかとも思う。


あと 行動の 理由に「私は 発達障害なのでOOしたい」あるいは


「発達障害なのでOOできない」というものが大きすぎて、


それを離れて 自分の 行動を 決めていくことがそもそも怖いのかもしれない。


私は これまでの 人生で、人から見たら 困難な事をいくつか抱えてきたけれど、


その中でも 自己決定をし、その環境の中で、自分のしたいこと、やりたいことを


選んできた。


「自分の生き方を自分で決めたい人たちへ」という サブタイトルに 衝撃を受けた人も


いらっしゃるようだが、これは どんな人にも 言える事だし、


それが 本来の 人間の姿だと思う。


私は 花風社の 本や 浅見さんや その他の方々との 交わりの中で、


自分の 心身が抱えていた問題を 減らしていくことができ、


まだ 治療中ではあるものの、持病はかなり軽快し、治ってしまったものもある。


沖縄講演では、また 新しい出会いと、発見があり、自分が抱えていたトラウマに気づいた。


その トラウマを 完全に消すには 時間がかかるかもしれないが、


コンディショニングや タッピング、その他自分が 気持ち良いと


感じられることを して、その都度 対処しているところである。


その時には 気付くことができなかったことを、今 やり直しながら、


過去は 過去として認めつつ、今の自分に 害をなす感情については、


自分で きちんと 消していき、心地よい日常を送れるように、


修行をしているところである。


先日 パニックを 起こしていたら 自閉っ子に


「パニックは 人の迷惑だから なるべくやめて」と


言われてしまった。かつて 自閉っ子のパニックに 付き合い、


パニックを 起こさないように 修行をしていった私であるが、


今は 自閉っ子に そう 諭される存在である。


老いては子に従え、である。子どもたちは とっくに 私を越える存在になり、


今や どっちが 親だか わからなくなっている。


子ども達が 自分の人生を謳歌し、家庭では 私たち親を助けてくれ、


人との関わりを 楽しんでいるのをみると、


この子達にとっては 「発達障害者の自分」という概念は わずかしかなくて、


あくまで 「個としてのOO」というのが しっかり あるなあという事を


感じる。それが 自然なのだし そのほうが生きやすいと思うけれど、


「発達障害者の自分」というものが 個の中で 膨らみ過ぎると、


それを 手放す事で 益があろうが なかろうが、


「自己を失う事」に 直結する気がするのだろうなと思う。
















発達障害、治るが勝ち! 自分の生き方を自分で決めたい人たちへ
クリエーター情報なし
花風社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラッシュバックあれこれ | トップ | わが家の食事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

発達凸凹」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL