多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

もし 文豪がカップ焼きそばの作り方を書いたら 幸田文編

2017-06-22 14:42:31 | 
けふの朝、父は 「文子、カツプ焼き蕎麦を作れ」といつた。


カツプ焼き蕎麦などといふものは、向島にはあらう筈も無い。


しかし「無い」といへば 父がだうするか わかつているし、


義母に 言へば忽ち 機嫌を悪くするだらう。


私は 伝手を頼りに 「カツプ焼き蕎麦」なるものを


やうやく手にいれ、


説明書きを 見つつ こわごわと 支度にかかつた。


薬缶に 湯をわかさうとしたが、


説明書きでは 何合何勺の湯がいるかわからぬ。


湯が足りずとも 余るとも


父が 怒り出すのはわかつていた。


「お前は 自分が使う湯の量もわからぬのか」と怒号が飛ぶ。


手はかりで 見当をつけ、湯を注ぎ、


時間をはかつたが、湯切りは わかつたものの、湯をどこに捨てたらよいのか


とんとわからぬ。流しに湯を流すのは 水屋を汚すことになる。


まよつたすゑに、葉物を洗うたらいに 湯をあけ、


あとから 庭の隅に 流すことにした。


父は 「おお、これが カツプ焼き蕎麦か。」と


マイヨネットソウスを かけて ご満悦の様子で


私は 安堵したのであった。
 




もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら
クリエーター情報なし
宝島社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もし文豪たちが カップ焼き... | トップ | もし文豪たちが カップ焼き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL