多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

お片づけ進行中

2016-12-24 17:26:50 | 片付け
先月 書類を届けがてら 私の様子を見に来た ケアマネさんが、


開口一番「わー、前より散らかってるじゃないですか」というようなことを言った。


私は「そうですねえ」といいつつ 書類に目を通し サインと 印を押した。


しかし 内心穏やかではない。


挨拶の前、開口一番である。


そりゃ確かに 散らかってたけど、言われていい気分ではない。


で、前にも書いたと 思うが(最近 記憶が定かでない)


大きなダンボール2つに ぎっしり 洋服や バッグなどを詰めて


買取宅配業者に 引き取りに来てもらった。


メールすれば 翌日に ダンボールが 届くし


引き取りの時間も HPから 指定ができる。


あまりに 大きいので 私では 底に手が届かない。


夫に ガムテープ貼って固定してもらい、同封されていた


「梱包の仕方」に沿って 手伝ってもらった。


なにしろ 山のような 不用品である。夫は

「いつの間に こんなに ためた!」「いつ買った!」と 怒っていたが


「引き取りの業者さんが来るから 早く支度しないと 明日に間に合わないよ」と


せかして 一緒に 荷造りをした。


で、それから 何日めか。


ケアマネさんから 電話があり、「急にサインが欲しい書類があるので」という。


「こんにちは~」と 入ってきて 一瞬絶句。


「こ、こよりさん、ここに山になってたもの どこ行ったんですか?」という。


それは これこれ、と いきさつを説明し、「あなたの一言にかちんときてねえ」と


言ったら 苦笑しつつも「いやー、 あそこも何もないし すっきりしたし・・・」と


びっくりしていた。


あと書類の話と、来年の 面談の件。「ご家族ともお話したいので・・・」というが


今 夫は 仕事中で 携帯に出られない。長男は 平日は 勤務が いっぱいである。


夫は 平日に 休みが 取れるのだが それがいつか わたしには即答できない。


で、「たぶんこの日は 休みなんですけど」と提示した日を見て


「えっ!?」っと 驚いている。


「この日お休みなんですか?」と聞くと「いえ・・仕事ですから いいですけど・・・」と


なにか 奥歯にものの 挟まったような言い方をする。


「その日以外で できるだけ早い日ってないですか?」と言ってくるが


夫の 休める 曜日は たいてい決まっている。


夫が居なくても いいなら いくらでも 都合がつくが


夫というか 家族が 居たほうがいいらしい。


長男の休みは 日曜で、自閉っ子の休みは 不定期である。シフト制。


どうしても 平日でないと 困るらしいので、取り合えず 私が 指定した日にしてもらった。


それを 逃すと 今度は 私の 通院や 検査が 入って どんどん遅くなる。


そういうと「早い方がいいのでO日で結構です」と 帰っていった。


何の不都合があるのか 聞いてみたかったなあ。


仕事だけど 利用者の訪問は避けたい、って どんな事情だろう? 











ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスの思い出と父の決断 | トップ | 人生いろいろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL