多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

買い物メモ&片づけ

2017-02-09 09:02:16 | 片付け
お小遣いの範囲で ちょこちょこ 欲しいものを 買っていたのですが、


それでも あとから 見直すと「あれ?こんなの欲しかったっけ?」「いつ買ったっけ?」

「あー。ここに 同じようなの あるじゃん!」という事が


続いたので、買い物メモを付け始めました。


家計簿、というところまでいくと 時間がないのと レシートの管理やら


レシートがない 交通費などの 記入漏れが おきるので、小さい財布にも入る


「買い物メモ」を買って、お金を使ったら 即 そこで買きこむことにしました。


昨日の 買い物は 調味料と 交通費と 夫や 子ども達への バレンタインのプレゼント。


収支までは 出さなくても 「ああこういうものを買ったんだなあ」とわかるだけで


「あ、こないだ買ったんだ」と 記録が残るので、無駄なものに手を出さずに済みます。


重いものや 嵩張るものは 通販を使ってますが、それも 記録。


お米や トイレットペーパー、ティッシュなどは 通販で まとめ買いの方が


安いので それは 利用しますが、衣類などは 特別なものしか 買わなくなりました。


私は 背が低いので 股下の 短い パンツが 欲しいんですが、なかなか売ってないんですね。


ある方から 教えてもらって そこの通販で 股下の短いのを 買って 重宝しています。


春ものが 欲しくなってきたので、また探して 通販で買いました。


トップスは 多分箪笥や 衣装ケース探せば 何かあると思うので、まず在庫探してから


それでも 要るものが あったら 買う事にします。


私は 通院の はしごをしてるんですが、午前と 午後の間に お昼食べたら


居る場所がないんですよね。


で、ショッピングモールに 行くと つい 見ちゃうし


見れば 何か 買いたくなっちゃうので 「安いから まあいいか」で 何百円か使っちゃう。


でも それが ほぼ毎日ですから 重なると大きい訳ですが 私は 気がつかなかったんですね。


で、在庫があるものは 買わない、一回お店でてから 考えて、「また 戻ってでも買いたいか」とか


いろいろ 工夫しましたら、1月の 月末に いつもより財布に余裕ができました。


普通のお宅は 25日が お給料というところが多いようで、


うちにも 個人商店さんが 集金にくるんですね。うちの 給料日は 月末最後の日なのに。


へそくりから 払ったり 時には 子どもに借りたりしてましたが、1月は


残った 生活費から 払う事ができました。塵も積もれば山となる、で、ちょこちょこ買いが


いかに 無駄だったかを 実感しました。


自分では 無駄遣いしてる意識が 薄かったんですね。


通院の 合い間の時間は やっぱり 無料で過ごせるショッピングモールに いきますが、


私は そこの 優待券を持ってるので、休憩室を一定時間使えます。


そこで 飲み物 一杯もらって、一休みして あとは ウィンドウショッピングして


本屋さんで いい本ないか ぐるっと 見て回って 小遣いの予算があれば 本を買って、


無ければ 題名メモして 次回お金ができた時に 買います。


ポイントカードも たくさん持ってたんですが、


必需品買うお店だけ 残して、洋服屋さんとか 滅多に行かないコンビニとかのは 処分しました。


家の近くに コンビニないので、病院や駅のそばのを残して、あれこれ捨てたら財布がすっきりしました。


洋服のサイズも変わったので、先週も ヘルパーさんに手伝ってもらって 着ない服整理しましたが、


今日も 来て下さるので、不用品の 整理を手伝ってもらおうと 思ってます。


タオルが 大好きで、山のように 持ってるんですが、くたびれたのは 思い切って処分して


コレクションしてる キティちゃんタオルを 何枚か 普段使いにしようと 決めました。


あとから どれを 選ぶか 決めるのが 楽しみです。


あれだけ 物にこだわりが あったのに 変わってきたのは、やっぱり コンディショニングや


愛甲さんの お話きいた事や そういうことと 無縁ではないという気がしています。


夫も 家の古いもの、もう使えないものに こだわりがあって 捨てられなかったんですが、


先日 おじいちゃんが 使っていた 古いソファーを 粗大ごみに出してくれました。


夫婦で 少しずつ 家の片づけしながら、自分の 心の ゴミも 捨ててるような気がします。


 










愛着障害は治りますか? 自分らしさの発達を促す
クリエーター情報なし
花風社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お話は おしゃれな服で | トップ | 子どもにかける愛情の悩み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

片付け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL