多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

夫のいい所をA4用紙一枚に 書きだす、という宿題

2017-06-30 13:42:17 | 
とある場所で 講座に参加しました。


夫婦や 親子の関係改善のための 勉強会で、DVDを見たあと、


参加者で グループワーク。


お茶やコーヒーを頂いて、時には お菓子も出て、


私は「あー。これ夫に持って帰ろう」と


バッグにしまったり 他の事に 意識が飛んでしまうのですが


皆さん ご主人の事で 悩んでらしたり、


お子さんや お孫さんの事まで 真剣に話しあって


いらっしゃる。私とは違って みなさん真面目で 真剣である。


私は 話を振られても 適当に思いついたことを 話すだけで、


がさつ、ぐうたら、ずぼらのままである。


終了後も みなさん お茶椀や お皿を 片づけていらっしゃるが、


私は 何をどうしたらいいのか わからず 案山子状態であるし


そのうちに「これ誰の?」と声がかかって ふとみると


私の 持ち物である。


忘れて帰る所を 気の付く皆さんに助けていただき、事なきを得た。


その講座の 宿題が、


「夫の 良い所を A4用紙一枚に できるだけ多く書く」というものだったので、


私は (あー、それなら 私でもできるし ラクだなあ)と思っていたが、


皆さん 悩んで いらっしゃる様子。


ご自分でなんでもできる方は できない人に 不満や要求をしてしまいやすいだろうし、


時には「なんで私ばかりOOをしなければならないのかしら」と


ストレスを 感じやすいのだろうなあ、と思う。


ぐうたら ずぼらな 私には 感じられない世界である。


私は その後喜々として 毎日


夫の良い所の リストアップを しているのだが、


これが 実に楽しい作業であるので、


明日は 沖縄出発というのに、荷作りより


そっちの方に 熱中してしまった。


夫に 「私の良い所」を 書いてくれ、と頼んだら、


嘘のつけない人なので、たぶん「俺には 書けん!」と


いうだろうなあ、と思う。


取り柄の無い私と 一緒になって30年、この秋には 31年を迎える事になる。


夫の 忍耐力に感謝である。


これまでの30年、私は幸せだったし、これからも幸せだと確信しているけれど、


夫の方は 忍耐していると思うので、その優しさに感謝しつつ、


私も 何か 夫を喜ばせる事がしたいなあと思う。


明日は 沖縄出発。何か夫の口に合いそうなものを、


お土産に 持って帰りたいなあ、と思った所で


「あ、あ土産より まず講演で しっかりお話しないと!」と


気付いて 反省しきりであった。


名古屋場所も近いし、「緊褌一番」である。













支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
クリエーター情報なし
花風社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛知県 刈谷での 講演のご案内 | トップ | うちの子、OOですから 理解... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事