多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

夫を嫌いつつ結婚生活を続ける人たち

2017-10-31 20:12:39 | 結婚生活
どんな人でも 完全ではないし、


人から見て 欠点が無いように見える人でも


家庭で 家族から見た面はまた違う。


「いい旦那さんね~」と言われる人の 妻が 結婚生活に満足しているかは


また別の話である。


どんな家庭でも 家族への不満や けんかや


「あんなことされて 腹が立った」という話の一つや二つは


あるのが当然だと 思うが、


「子どもが成人したら離婚する」だの「熟年離婚」だの


はては「夫に死んでほしい」と 思う人が けっこういるのに


驚いた。


「夫に死んでほしい妻たち」を読んだ時も びっくりしたが、


それが 稀な話ではなくなっているのに 仰天である。


私は、夫婦や親子、友人やその他


様々な人間関係で 「自分の意に沿わない人を許せない」人が


以前より増えているような気がする。


私も 人付き合いが得意ではないし、人に会わせるのも苦手なほうだが、


子どもが言う事を聞かない事で 激高してしまう人や、


自分と相手の 思考や好みが違うという事で


不満を持ち、 時にはそれが恨みに変わり、ある日爆発してしまい


普通では考えられない行動に走る人の 起こした事件の報道を見ると


感情の処理や 自分の感じ方を相手に伝える事が うまくできない人が


増えているように感じる。


昔は「子は親のかすがい」と 言ったが、


今は 親子関係すら 危ういケースがたくさんある。


反抗期は あって当たり前だが、それ以上に


こじれて 大変な場合も多いようで、相談機関によっては


予約を取るのも大変なところもあるそうである。


夫婦間に至っては 知らない間に 恨まれたり


パートナーが 知らないうちに 離婚を考えていたり、


自分の死を願ったりしているのだから


世も末だなあと思う。


家庭とは それぞれが ゆったりと 自然体で過ごせる場所だと


私は 思っているが、そうでない場合も多く、


家に帰りたくなくて 時間を潰す場所や


帰宅が遅くなる理由探しをする人達は


さぞ大変だろうなと思う。























だんなデス・ノート ~夫の「死」を願う妻たちの叫び~
死神
宝島社
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その人の出来る事から始める | トップ | 自閉っ子の心に残っている遊... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夫を愛せるのも才能のうち (佑樹あかり)
2017-11-01 18:39:56
離婚すれば良いくらいに、夫婦仲悪くてお互い口さえ聞かず、夫との間で必要な伝言のやり取りをメモによる筆談ですます、元知り合いの女性がいます。今では、彼女とは連絡とってません。

彼女は恋愛ならうまくいっても、結婚がうまくいかない人で、比較的モテる人でした。

こよりさんみたいに、色々あっても夫のことを好きでいられる、愛せるのも才能のうちですよ。
結婚に対しての理想 (こより)
2017-11-01 21:10:54
恋人として接しているときと、結婚して一緒に暮らす事とは、多かれ少なかれ違いが出てくると思いますが、それを「相手が変わった」「こんな人とは思わなかった」と感じて相手を責めたりしてしまうのか、と想像します。

勝手に 結婚後の生活の形を決めてしまい、それと違う事態が起きると お先真っ暗で、「こんな生活になるはずなんて」と 起きた出来事に対処したり、相手と協力して最善策を探したりという事が出来なくなる人も増えているように思います。

夫婦であっても 別の人格で、持つ能力も違うのに、「自分はこれこれをしたのだから 相手も同じだけ労力を払うべきだ」という人もいますね。

自分にとっては「こんな簡単な事」と思えても、相手は死にもの狂いだったり、不得手な事を必死にやり遂げたりしていることもありますから、一方的な見方をしないように、私も心がけています。

コメントを投稿

結婚生活」カテゴリの最新記事