多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

アートセラピー講座に参加しました

2017-05-31 11:41:32 | 日記
先日 気まぐれで アートセラピー講座に参加しました。


会場が こじんまりとしていて、


座席は 一杯。


皆さん お行儀よく 座っていましたが、


私は どの席に座っても ホワイトボードに かかれた文字が見にくい。


首の 骨に 不都合があるので、横から眺めることになるので


ちょっと これは 無理だなーと


離れた席に 座っていました。


すると スタッフさんが「こっちに座ってください」と


おっしゃるので、 理由を言ったら


「じゃあここで」と 特別に 椅子を動かしてくれました。


そのあと 説明があり、画用紙が 配られ、


「これから ひとつずつ 言いますから、言われたものを 好きなように


紙に描いていってください」とのこと。


最初に 「川」を描き、「山」を描き、という風に


指示があり、


「描きたくないものは 描かなくていいですよ」とのこと。


私は 好きなものだけ 好きなように描きました。


その後、「描いたものに 色づけしてください」と


画材が 配られましたが、私が 欲しい色がナイ。


嫌な色を わざわざ塗りたくないので、


そのまま放置。


皆さん 熱心に 色塗りし 頑張っていましたが


私は その間 スマホいじったり 頭の中で 空想したりしてました。


出来上がったあと、


「これこれを こう描いた方は こうした傾向があり・・・」と


解説が ありましたが、私は どれにも当てはまらない。



いくつか質問してみて、


わかったことは 


「理想が高すぎる」


「抱えている困難が多くてしかも 越えるのが大変な状況である」


「その理想を 必ずつかむという決意が強い」


「ルールや 約束は守るけれど、納得できない事には 従えない」


なるほど。そのまんまですな。


「色が付けられない人は 意欲や体力がない人が多いですねえ」と


言ってましたが、私は もっと別の色が 欲しかった、という


他の人なら 思いもしない理由からでしたので、だまってました。



だって 今の自分より もっと 上の事に挑戦したいし、


困難があったって 越える道は きっとあるはずだし。


皆さん 講師の先生のいう事に 素直に従ってましたが、


私は したい事だけして 帰ってきました。


他の方は 素直でしたねえ。


絵も ちゃんと 言われたものを 書いてたし。


私は 断崖絶壁に流れる 大岩だらけの


大荒れの川(というより滝に近いかも)と


険しく細い山道を描いたので、


講師の先生が言う 田んぼや 花や 人間などは


もう描くスペースがなかったですね。


そんなとこに 田んぼも作れないし 花も植える人ないし


人間も 小さくて 麓からは 見えないだろうし。


動物も みなさん 猫やら ウサギやら 描いてたようで、


その動物の 大きさで 何かの 意味があるそうですが


私は 大きいとも 小さいとも 言えない動物、


猛禽類、鷹が 空高くから獲物を狙っているところを描きました。


「自分の絵を見てどう感じますか」と言われましたが


その場の誰とも似ていない、


私しか 描けない絵だなあ、と思い、


この 枠にはまらないのが 私の性質だなあ、と


改めて感じて その場を後にしたのでした。


皆さん 絵を見て 「知らない自分の内面」が わかったという方も


いたようですが、私は特に新しい発見もなく、


休憩時間に出た お菓子と お茶が おいしかったのと、


知り合いの人に会えて おしゃべりできたのが 収穫でした。


アートセラピーでても 別に 得るものはなかったですが、


人が 集まるという事は 需要があるんだなあ、と思いました。 










増補新版 はじめてのアートセラピー: 自分を知りたいあなたへ
吉田 エリ
河出書房新社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人の不安を取り込む人

2017-05-26 10:20:52 | 日記
どういう集団でも ある事だが、


だれかが「OOが心配で心配で」と言い出すと、



「わたしも」「わたしも」と声が あがり、


その場が「心配する人の集まり」に変化してしまうことがある。


話題に上がるのは 様々な事だが、


私は 別に 人の心配を 聞いても


同調しないし そもそもできないし、


黙って その場にいるか


意見を求められたら


思った通り答えるしかないので、


周囲の人が「は?」と言う顔になる。


雰囲気を 壊してしまっては いけないのかもしれないが、



私は 持病があり、発作を起こす病気も持ってるので、


帰宅途中にどこかで 発作を起こして そのまま絶命、という可能性も


ありうる。


しかし 心配しても 発作が起きるかどうかは 


医師にだって 予測不可能なので、


素人の私が 心配しても 仕方ない。


緑内障も 進行すれば失明の可能性もあるが、


それを 今心配したって 治るわけではない。


生活上の 困難もいろいろあるけれど、


自分が 悩んでもどうしようもない事は


悩まない。


自分で 何とかできそうなことは 努力して


切り抜けて、また何か起きたらその時考えるだけである。


「やっとOOが解決したのに なんでまたこんなことが起きるの!?」と


感じながら 生きている人も多いようだが、


毎日 同じように 平穏であるとは 限らないので、


何か起きるのが 自然だと思っている。


昨日は 息子の誕生日だったのだが、夕食は


主役の息子自ら 台所に立ち、



私は デザートを 買っただけである。


息子は 贅沢はしないので、何年も同じカバンを使い、


それが 傷んできたので、私の買える値段の物で、


息子が使えそうなものを 見つくろって買ってきた。


あとは 靴下2足。


「気にいるかわからないけど、良かったら使ってね」と


渡したら「ありがとう」と 受け取ってくれ、


今朝は 新しいカバンで出勤していった。


元気に働く 家族を見送る事ができ、 幸せである。


周囲では「親の介護」や「自分の老後」を心配する方が多いようであるが、


親の寿命や 健康状態は こちらがいくら心配しても


変える事はできないので、その時がきたら 自分ができる範囲で


対処するのが一番ではないかなあと思う。


できない事は 人の助けを借り、


知恵を 絞り、乗り越えていくしかないと思う。


わが家では 老後の心配より まずは 今月の各種支払、


その日暮らしであるから そんな先の事を考えている暇がない。


世間の人は 色々考えて 大変なんだなあ、と 感じたのであった。







これでバッチリ!老後の不安がなくなる本
クリエーター情報なし
プレジデント社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青大将発見

2017-05-21 06:42:08 | 日記
昨日の晩、夕食を作ろうとした長男が、


台所に入るなり 「すごいぞー!はやくこーい!」と


弟を呼んでいた。


2人で 騒ぐ声がすごいので、



私も 見に行ったら まあ!きれいな 青大将が。


長男曰く、「フライパン取ろうとしたら その中から 這ってでてきた」そうな。 



「写真か 動画撮りなさいよ」と 言ったが


いつも なんでも撮る自閉っ子が 


「撮れない!」と 言う。びっくりして 撮れないのか、映らないのかは 謎。



長男が「家を守ってくれるからなあ、こういうのは」と


言い、3人でしばらく見ていた。


そのうちに 動きだし、隙間に入っていってしまった。


どの位の大きさか、


書きたいけど びっくりして「ひいいい」となる方が


いると 困るので、「2尺3寸は あった」と


わかる人だけわかるように 書いておくことにする。



きっと つかんで伸ばして測ったら、もっと長いと


思うんだけど、さすがに 子どもの前で


それは できないしねえ。



ツカミタカッタ。


家の中にいるのを 見たのは10年ぶりくらいかしら。


外では たまにみるし 天井這ってく音は きくけど、


実物を 家の中で 見たのは久しぶりです。



青大将は 吉兆だと このあたりでは


言い伝えられてるので、


いい事が おきますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花見に来る人々

2017-04-03 13:02:55 | 日記
我が家は 山の中である。「見渡せば 青柳♪ 」の世界である。


都会の人たちには 緑が 珍しいらしく、森林浴や ハイキング、


普通の道では 存分に走れない 競技用自転車の団体も 山道を 上ってくる。


自閉っ子にしたら せっかくの休みに なぜ わざわざ 田舎に来たがる人が いるのか


理解できないらしい。


「あんたには 大きなお店や 待たずに乗れる ダイヤの電車が珍しいように、


都会の人には 自然の 山や 木や そういうものが 珍しいんだよ」と言ったら


びっくりしていた。


地元の 無人駅は 行楽の季節だけ 乗車率が 上がる。


切符売り場もないので、どうしたらいいのか 困っている人にもたまに出会う。


「使用済みの切符は この箱に入れて、帰る時は 切符を持たずに


下りた駅で この駅の名前を言って 改札で 料金支払えばいいですよ」と


伝えると 「え?そんなシステムなんですか?」と 驚かれる。



地元の 住民で 日常利用する人は 多分 一日通しても 2,30人くらいじゃないだろうか。


学生さんが 主で、働く人は 車が多く、ご家族に 駅まで送迎してもらって


電車で、という方も ちらほらである。 


ICカードの読み取り機はあるが、チャージはできないし、


切符の販売機もない。


当然 駅とはいえ 周囲に コンビニもない。


駅近くには 自販機があるくらいで、


何か 食べたいと おもったら


坂道を 上がって いかないと、飲食店はない。


それも 個人経営の 小さなお店ばかりなので、団体で食事したいと思ったら


困る事必至である。


ドライブインや 道の駅もない、本当の田舎なので、


下調べなしに 駅のポスターだけを見て 「行こう!」と


決めた方は 本当に 困るようである。


田舎にも 「そこそこ便利な田舎」と「本当の田舎」があるので、


花見や 森林浴に 行こうと 思われてる方は、


十分な 下調べをしてから 行かれることをおすすめする。


我が家は 駅から かなり 遠いのだが、中には 迷って うちの付近まで


来られるかたもいる。


「ここは どこでしょうか?」と聞かれたりするが、目印がなく、


山と 畑と 民家だけなので、とりあえず カーナビの電波が 届きそうな


県道まで 出る道を教えて、「あとは ガソリンスタンドで 聞いてください」というしかない。


徒歩の方には バスの停留所を 教えるが土日祝は 普段より 本数が少ない上、


多分 その方が 帰りたい方向には 行かないバスである。


かなり 遠回りであるが それしか 町に 帰る方法はない。


時刻表を見て みなさん びっくりである。


田舎なので、観光客など 想定していないし、


ベンチも何もない。


駅や 市役所には きれいな 満開の桜並木の写真やら、


緑豊かな 景色などの ポスターが あり、「OO駅下車」と書いてあるが


他に何が あるかとか、食べ物の調達はどうしたらいいのかは


全く書いてない。無人駅で 誰の助けも得られない事や、


エレベーターも エスカレーターもない事だけは


書いておくべきだと思うが その気配は なさそうである。


先日 病院の帰りに お子さん連れの ご家族と一緒になったのだが、


古い駅で しかも 階段(これがまた暗いうえに長い)しかないので、お子さんが 「こわいこわい」と


べそをかいていた。


せっかく遊びにきたのに かわいそうだなあ、と思ってみていた。


そのあと 公園の広場や 池の カモや 鯉を 見て


楽しんでくれてたらいいのだけど。


小さい時は 自閉っ子と 兄ちゃんを連れて、パン屋さんでもらった


パンの耳や 家の野菜くずを 持って カモや 鯉に餌をやって 


遊んだことを 思い出した。


家のそばの田んぼに来るカモは そーっと見てないと 警戒して逃げてしまうのだけど、


公園のカモは 警戒心が薄いので、餌に惹かれて 寄ってくるのも いた。


自閉っ子が 飽きるまで、パンくず投げに付き合った。


鯉の大きいのの 金色のがいて、それを 見るのも楽しみにしていた。


今は カモと遊ぶことも ないけれど、仕事の帰りに


体力が 余ると、会社最寄りの駅から 歩き、途中から 山道に入って


せまい道通ったり 茂みをかき分けながら 歩いて帰宅することもある。


携帯の 電波が 切れるのと、帰って来た時に
 

葉っぱや 小枝や いろんなものが 服についてるので よくわかる。


暗い道だが、小さい時から 慣れたところだし、視力が弱かった時代には


足先の感覚で 草の道や 砂利道、やや大きな石のある所、などを


区別していたから、その記憶を頼りに 迷わず 歩いてこられるらしい。



水の流れの 区別もできるし、滝のある所では 明らかに 音が変わる。


その時の気分で 好きな場所を 選んで 歩いて 帰ってくる。


長年の修行のおかげで 足が 結構速くなってるし、バランス感覚もいいから、


怪我をしたりもせず 夜の散歩を楽しんでいるようだ。


夫に言うと 心配するので、私にだけ 「今から (歩いて)帰る」と


LINEを 送ってくる。「ああ、歩くつもりなんだな」と


察しがつくので、夫が「今日は バスに乗ってないな」と言うと


「駅でコンビニにでも寄ったか、友達としゃべってて 乗り遅れたんじゃないの」と


素知らぬ顔で 話す私である。


 



 





















ネイチャーメイド ビタミンB6 80粒 健康食品 ビタミン類 ビタミンB類 [並行輸入品]
クリエーター情報なし
大塚製薬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

応用力のなさ

2017-03-18 13:21:39 | 日記
以前夫に 野菜を頼んだ時に、「売ってなかった」と帰って来たことがあった。


電話を入れて「何々がないけど 代わりに なにか買うのか」という力も なかったし、


自力で「じゃあこれでいいか」と判断することも 難しかったようだ。


なので 次回からは 「売ってなかったら 電話が欲しいこと」を伝えて


まず そこから 始めた。


多分 今迄の 生活で、予想外の出来事、に対応したことが なかったのだろうし、


自分で考えて やってみたら 叱られて、「もう 自分では 何もしない」という


方向へ行ってしまったのかもしれない。


子どもも それは 同様だったから、


なにか 困ったら そういう時には どうしたらいいか、だれに尋ねたらいいか、など


一つ一つ教えるうちに


自力で してみよう、これでも いいんじゃないか、と 判断できることが増えてきた。


家の中なら 何が起きても 笑い話で済むのだが、よそのおうちでは


家の中でさえ 家族間でさえ、失敗や ミスが 許されない場合もあるらしい。


大きな問題に発展しそうなことなら まだしも、小さなミス、


まだ 発展途上、成長の過程ですら 失敗や ミスが 許されない環境だったら


当然「指示待ち」になるだろうなあ、とも 思った。


学校時代に 「いい子」でいて、いざ 社会に出る時 「自分では何も決められない」という


パターンの おうちも増えているらしい。


「指示待ち」で長年過ごしてきて、「今日から 社会人だ」だの「今日から 成人だ」だのと


言われて 放り出されても 面食らうだけだし 中には それだけでショックを


受ける人も いるかもしれない。


我が家は 小さい時ほど 締め付けというか 「子供がしていいのはこれだけ」という方針で、


年齢が 上がるにつれて していい事というか 自由度が 上がるようにしていった。


だから 子どもたちにとって 働くこと、社会に出る事、親の手を離れて


自由になる事、は 大変楽しみな事で、今 二人とも 自分の やりたいことをしつつ、


会社の中では 辛いことも あるだろうが それが 仕事、それが 社会、と



割り切って 毎日 仕事に 行っている。


夫の方が まだ 気持ちの切り替えが 難しいタイプなので、


毎日の疲れも 大きい。私は 夫の 愚痴の 聞き役になって


夫の悩みを 少しでも軽くして また 仕事に行く元気を 出すのが 仕事である。















支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
こより
花風社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加