負け犬の言い訳(仮) Excuse of underdog

誰にも見つかりませんように

サリバンルール

2016年10月13日 09時56分44秒 | 独り言
もし、生れた時から目と耳が機能しなかったら、
外からの情報を理解する手段を絶たれたも同然。言葉と文字の存在すら解らないのだ。
肌の感覚でしか外からの入力が無いから、どのようなルールで行動してよいのかわからない。
あるいはルールというもの自体の“有る無し”もわからないのだ。
当然、“わからない”も解らない。  
こうなってくると体の対話で関わりを伝えていくしかないのだ。

肌の感触が唯一の入力なら、生き物の本能を利用する。  
叩けば痛い。 優しく撫でれば気持ちがいい。  要するに○か×で接触していく。
火を直接手でつかもうとすると火傷をする。 火傷の熱さと痛みを体で覚えてしまうので、火を見ただけで
その感覚がよみがえってしまうのだ。 そして二度と火に触れないように警戒する。
赤ん坊の脳の入力と同じである。  
できるだけ正確に「あつい」「寒い」「痛い」「かゆい」等を伝えたいから
唇を巧みに動かし、やがて言葉を発するようになる。
そうなると赤ん坊は急速に成長し、言語を覚えるが、視覚 聴覚の無き者は平行線である。 
永遠に言葉を覚えることは無い。
ただ、独自の行動パターンを創りあげ、気持ちの良い行動だけを取るようになる。

 やさしく撫でてくれる人がいるから、もっと撫でてもらえるようにしよう
 痛いのはイヤだからね・・・・・


私たちは ちゃんと意思を伝える手段を なに不自由なくもっている。
なのに それを伝えられないでいる。     なぜだろう。。。

都合の良いものしか目に映らず、見て見ぬふりをし、自分の足元すら見ない。
耳があっても聞こえないふり、 聞いているふり、 耳に入るは役に立たない雑音ばかり。



まともな情報が入らないから、 考える言語を忘れてしまっても無理は無い。  



『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「考える」を考える | トップ | アキレポンチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。